日記TOP

2008年2月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07
08 09
10 11 12 13 14
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29    


<<前のページ | 次のページ>>

2008年2月7日(木)
視覚教室

今日は お休みのお友達が多く、レイナといっしょに ホールで療育を受けたのは4人でした。

リズム、手遊びなど 楽しんだ後 シール貼り。
黒い紙に 白丸があって、○めがけて シールを貼る。 指で 指すときは ちゃんと○をさせるのに いざシールとなると 斜め下に必ずずれる。
コレは 保育園の出席ノートもそうで 理由はわからない。 指でさしたあと ほっとするのか、それとも 眼振など なんか 関係するのか?

報告を聞いているときに レイナは 楽器をだして あそんでいた。
太鼓、カスタネット。
太鼓は バチを二つ出して お兄ちゃんが和太鼓でしているように 「や〜」と言いながら たたいていて 来年度から 始まる和太鼓が楽しいと思えるといいのだけれど、 お兄ちゃんたちでさえ 和太鼓の先生が 怖いらしい。
男の先生で 声が大きいそうです。 レイナもびっくりしないと良いけれど。(泣いてしまう子もいるそうですから・・・)

2008年2月6日(水)
お箸

朝、保育園に行くと 下駄箱の側で O先生と他の先生が お雛様を出していました。
レイナは O先生の声に反応して しばらく ジーっと先生の方を見ていたけれど 自信がなかったのか 私が 「O先生いるよ」というと 先生の方に向かって歩いていきました。
先生も 「あ、レイナちゃん おはよう。 チャンスや!ほら お雛様」と 7段飾りに乗せる前に お雛様をみせてくださいました。

最近 ほんとうに 保育園でお友達がしていることをすぐ 真似するようで 今日もお迎えにいくと 机の上に 椅子を裏返して片付けているのを 一生懸命まねしていました。
先生も「すぐ お友達の真似 してはりますよ」と おっしゃっていました。
このごろ 家でも 晩御飯は お箸で食べたがるし、どんなに お箸で食べにくくても スプーンなどを使おうとしないので お箸で食べるようになってきたことを 先生に話すと 『お箸で 給食もたべてみますか?』と 言ってくださいました。
とりあえず 持って行かせて見ようかな。

2008年2月5日(火)
はさみ

朝 起きてきて ご飯を食べたあと 「ハサミする〜」と 朝から ハサミで 紙を切り出して 大満足で 保育園にいきました。
まだまだ 一回切りが多いのだけれど 連続切りもたまにできるようになってきて レイナも楽しいようです。

保育園では 3月のミュージックフェスティバルに向け リズムの時間が増えてきました。
レイナに 「今日なにしたん?」と 聞いても 答えてくれることはないから ちょっと困るけれど やはり ふとしたときに 歌っている歌や リズムを口ずさんでいるので ちょっとは わかってしているのかなと思う。

昨日の ニュースで 性幹細胞から 人の目の網膜細胞を 効率よく作り出すことに成功した研究所があると目にした。
今までは 0.01%程度の効率が 30%近くまで引き上げられたとか。
網膜色素変性症の再生医療の現実性が高まってきた。

ただ もし これが本当に 実現したとしても レイナや Alstrom症候群の 症状に当てはまるのか・・・

2008年2月4日(月)
保育園 → 視覚教室

昼から お迎えに保育園にいきました。
ちょうど 給食を食べ終わり、スプーンとフォークを 袋に入れて ボタンに挑戦しているところでした。
以前よりかは ボタンをさわりながら 見ているようでしたが、 まだまだ 自分で やろうとはしているように見えませんでした。

視覚教室について 着替えをしていると いっしょに療育を受けている Eちゃんが 「れいなちゃん、おはよう」と 声をかけてくれました。
そして れいなは 「おはよう」と 答えていました。
保育園では そんなこと 見たことがなかったので やっぱり 今日の視覚教室ではEちゃんといっしょにするという 限られたお友達だから 安心しているように思えました。

今日は 折り紙を半分に折って 長四角にし、丸くきってある黒い画用紙を貼ってタイヤにして バスをつくりました。
まだまだ 半分に上手に折れないし タイヤも タイヤらしくは貼れなかったけれど すこしづつ こういう作業も 根気よくするようになってきたようです。

2008年2月3日(日)
節分

昼から ちょっと遠くにある ホームセンターに行きました。

お兄ちゃんのクラスは 卒園の時に 担任の先生と 園長先生に アルバムを贈ります。
子供一人につき1ページ 手紙でも写真でも絵でも はさんで クラスで1冊のものをつくることになっていたので スクラップブッキングの用品を買いにいきました。

お兄ちゃんは 担任の先生にいっぱいお手紙に書きたいことがあるみたいで でも 上手に文章が組み立てられず、イライラしたり泣きながらかいていました。

夜は 恵方巻きを食べました。
レイナもおにいちゃんも おすしを無心で食べ、 すぐ 『豆まきしよう〜』と 豆まきしました。

私は 節分の豆が大好きで いっぱい食べてしまい 「おまめ食べ過ぎたし おなか痛いわ〜」と お兄ちゃんに言うと 『お母さんのおなかに鬼がいっぱいいるしやわ』って・・・
よく ご存知で。
その鬼を増やしているのは お兄ちゃんでしょ〜。

2008年2月2日(土)
幼児音楽フェスティバル

去年も 市の大きな会館であった 保育園が参加する 音楽フェスティバルにお兄ちゃんは参加。

12時に会場に集合なので 11時ごろに家をでて お昼ごはんを食べていきました。

お兄ちゃんは 和太鼓2曲と 合奏一曲。
レイナには 「この間、ピーターパン見にきたところ」と 教えましたが どこまでわかっていたか・・・
お兄ちゃんの太鼓が 始まると 太鼓の音にあわせて ドコどこといいながら 手をうごかしていました。
この間、お兄ちゃんたちが練習しているのを見学してから とっても太鼓が気に入ったようです。
来年から レイナも太鼓が始まります。
どこまで みんなと音をあわせてできるか・・・と不安はいっぱい。
でも 聴力が落ちる前に こういうリズムをとることを経験できることは レイナにとってとってもいいこと。
きっと レイナには難しいことだろう。
でも 2年間、太鼓は できるだけ みんなと同じようにできるように 保育園だけでなく 家でもリズムをとることをしていこうと思う。
(もちろん お兄ちゃんを巻き込んで!)

2008年2月1日(金)
うさぎ

最近のレイナは 変な癖がある。

鼻をウサギのように動かす。ウサギが何か食べているときみたいに。
どうも その鼻ぴくぴくをするときは モノを見るときにピントを合わせているようにも思うが、ちょっと困ったことがあるとしているように思う。
あまりにもよくするので 爆笑してしまったら わざとするようになってしまった。

保育園では O先生が 大好きで なにかあるとO先生だったのか 最近は Y先生とのかかわりも自らすすんでするようになってきたようです。
朝の用意も どんどん自分でしているようです。
お友達と同じようにしたいという気持ちも ますます出てきたようで 家では お兄ちゃんがボーっとしている間に すっと お箸をとって 一生懸命 お箸でご飯を食べようとしている。
フォークもスプーンもまだまだうまく使えないけれど そろそろ お箸をもたせてみようかな〜

日記TOP   前のページ   次のページ