日記TOP

2008年2月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07
08 09
10 11 12 13 14
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29    


<<前のページ | 次のページ>>
2008年2月14日(木)
視覚教室

朝、すこし 「しんどい」と言ったレイナ。
体温を測っても 熱はないが 鼻がつまっている。
食欲もあったので 視覚教室に行きました。

教室の駐車場の陰に 雪がまだ すこし残っていました。
レイナに持たせると ずーっともっていました。 ちょうど お友達がきたので お友達にも持たせてあげると「冷たい」とすぐ 放していたのに レイナは 教室につくまで 手を持ちかえることもなく 左手に持ったまま 教室にいきました。

視覚教室にくる お友達は いろんな 年齢、視力、発達のお友達がいる。
その子供の数だけ いろんなお母さんがいる。
ひとりのお母さんは 子供にバレンタインを教えたいと 教室のお友達に チョコレートを持ってきて 一人一人に お友達がくばってくれました。
私は ちょっと反省。
一瞬、私もバレンタインを教えようかと 思ったのに、「まあ いいか〜まだ。」と 思ってしまった。
でも 「好きな人に チョコレートをあげるんやで」と 教えて 持ってきてくれたお友達に あげられなかった。
ということは お友達は せっかく お母さんから 教えてもらったのに 自分はあげるだけと 思ったかも。
ちゃんと 3月14日には お返ししよう。

今日の療育では とっても元気で 今まで ちょっと苦手意識のあった しゃがんだり寝転んだりと体を動かす 遊びは 「お手本してくれる人!」と 先生にいわれ 自ら 手を上げたわけではないが、「レイナちゃんしてくれる?」といわれ 『うん』と みんなの前にでて お手本をしたそうです。
完璧にすべてが出来たわけではないけれど、 自信をもって 取り組んでいたようです。

帰りの車では お友達にもらった チョコレートを大事に持って 「もらったな〜」と 何度もいいながら 持っていました。
お友達から もらったということが とってもうれしかったようです。

夕方 保育園におにいちゃんをお迎えに行く前に ハサミを買いにいきました。
レイナや 視覚教室で使っているばねつきの ハサミ。
どこでも 販売しているわけではなく、 だいだい視覚教室のお友達は 教室の先生が まとめて買っておいてくださったものを分けてもらっていることが多く 春から就園するお友達などは ハサミを探しているようです。
ですが、 視覚教室の先生が 購入していたお店で 取り扱いがなくなり、今、 視覚教室にハサミがないということを 聞きました。
家の 近所では 売っているところがあるので 買い占めにいきました。
6本しか 今日はなかったのですが あと何本か 取り寄せてもらうことにしました。

その ハサミの横にカスタネットがありました。
レイナのミュージックフェスティバルの練習用に 一つ買いました。
予想通り お兄ちゃんと取り合いになってしまいました。

2008年2月13日(水)
トイレ・・・

最近、オシッコがしたくなる前に 「おしっこ」と 言えるようになったが いざ トイレに行くと やっぱり できない。
そして また 「おしっこ」といって トイレに行くがだせない。
結局 オムツで してしまう。

朝 起きて トイレに行ったり すると 普段なら 保育園に行く前に 出るはずの オシッコも 我慢したまま 保育園に行くことになってしまうようになった。
保育園でも 同じだそう。
焦らず ゆっくり。どんなことも そうやってきているけれど、 最近は 成長のペースが 以前より 遅くなって 停滞期。
正直 もう どうでもいいかな〜、いつかオムツはとれるやろう・・・なんて 思うこともある。
トイレに限らず、 手先を使うことなど 視覚教室で 同じぐらいの 発達ペースのお友達と差もひらいてきた。
比べることは ないのだけれど、いつかできると思って いっしょにがんばっていることも なかなか 結果が見えないと こっちが 飽きてしまうと言うか、なんというか。
これでは いけないのだけれど。

2008年2月12日(火)
お父さんのお迎え

毎週火曜日、朝 保育園に送るのは 私、迎えに行くのは お父さんの役割になっています。(強制的に そうした。)

お父さんが お迎えにいったときに いつも どのように お迎えに行っているのか まったくわからないし 子供たちは 私の時と お父さんのお迎えのときでは やはり 違うようで ササ〜っと用意をして 帰ろうとしてくれるらしい。
お母さん友達には 「お父さん、毎週ちゃんとお迎えきて えらいな〜」と かなり 好印象のようです。
でも 普段 私から いろんな お父さんネタをばらすので お母さん友達は お父さんの 性格や 見た目と違うということを 知ってもらえるようになって、 このごろは お迎えにいくと いろんなお母さんに あいさつしたり されたりするように なったみたい。
始めは どうしても いろんなお母さんたちと 目をあわさないようにしていたようだったけれど 本当にこの 一年で お父さんも すこし変わってきた。

始めは たまには お迎え変わって欲しいって 気持ちだけたったけれど、 保育園での子供の様子、他の保護者の雰囲気を 知ることで レイナのことを どういう風に みんなが感じているか 知って欲しくなった。
きっと お迎えに 行くまでは 不安もあっただろうけれど 最近は お迎えに行って 帰ってきたら 「きょうは ●くんの お母さんと ○ちゃんのお母さんにあった」と 自分から 報告するようになった。

来年度からは お兄ちゃんが小学校だから レイナだけのお迎え、毎週火曜日がんばってもらいます。

2008年2月11日(月)
英語のテスト

今日は お兄ちゃんが 習っている英語の教室のテストを受けにいきました。

レイナも 何のことかわからず ついてきていましたが 途中でバスをみては 「バス〜」と それなりに楽しみをみつけていました。
お兄ちゃんの英語のテストは 外国人の先生と 英語で会話したようです。
相変わらず 私より 英語ができるかもしれない・・・

レイナも 保育園で 月に何回か 英語の時間があり たまに 『は〜わ〜ゆ〜』とか 言うので おもしろい。
いくら 発達が ゆっくりで 日本語もまともに話さなくても なんとなく 違う言葉を楽しんでいるようで レイナにもいつか 英語を学習させたい!と ボタンもできない、トイレもまだなのに 思ってしまう。
でも レイナにも 英語は間違いなく必要になる日がくると思う。
それまでに 私が ちゃんと英語ができるようにならないと。

2008年2月10日(日)
雪だるま

レイナは 今日も雪が降っていると思ったのか 『雪 ふってる〜』と すこし雪で眩しい外を見て いいました。
「今日は 雪ふってないけれど、積もっているよ」と いうと 『ジャンバーきる』と 外に行きたがりました。

玄関をでると 屋根から 落ちた雪が いっぱい。
お兄ちゃんとレイナと3人で 雪だるまをつくりました。
レイナは 始め何をしているのか よくわかっていませんでしたが いろんなところから 雪を集め 積み上げてどんどん大きくなると 嬉しくなったのか 自分も 小さな スコップを持って 雪を 集めていました。
雪が降る→ 冷たい→ 溶けるまで 今まで なんとなくわかっていたけれど こうやって たくさんの雪があると あそべるということも 今日で わかったかな。

2008年2月9日(土)

朝 起きると 雪が降り出して あっという間に 積もりだした
お兄ちゃんは すぐ 雪が降っていること 積もってきていることに気づくが レイナは 「雪ふっているよ」と 教えて 窓から 外を見ても わかりにくいようだった。

寒いけれど、 いっぱい雪が降っているけれど 外に出て あそびました。
お兄ちゃんは どんどん積もる雪を集めて 投げたりしていました。
レイナは もう 雪を怖がることもなく 「ゆき〜 雪とって」と 手を出す。
自分で 雪を集めることはなかったけれど 持たせてやると ずーっと大事そうにもって お兄ちゃんの激しい動きをみたり ちらちらと降ってくる雪をみているようでした。

昼ごはんを食べた後も どんどん雪は降っているのに お兄ちゃんの 「外であそぼ〜」の 声に 『お外行く〜』と レイナも言い出し、また 雪の中 1時間 やわらかい雪の上を歩いたり シャーベット状になった 雪の上を歩いたり 雪をにぎったりしてあそびました。
お兄ちゃんは 近所の お友達と ビッチョビチョになって 1時間 雪合戦をしていました。

この間までの チラチラと降っていた雪のおかげで 今日は 楽しく遊べました。

2008年2月8日(金)
お箸

今日から レイナに 給食の時に使うお箸をもたせてみました。
いつもは 持ち物が増えたりすると おしえるのだけれど 今日は 教えませんでした。
家ではもう おはしでしか ごはんを食べようとしないし 本人が 給食の時に どれを選ぶかも楽しみだったので。

給食の時間に 先生が いっしょに 「どれで食べる?」と お箸、スプーン、フォークを見せると じーっとみてから お箸をえらんだそうです。
その後は 先生もびっくりするほど 上手に持って食べていたようです。
クラスの子供には まだ 握って持っている子供もいるのに ちゃんともてていて 上手なくらいでしたと いってもらえました。
まだまだ つまんだりはできないし ご飯もかき込むように食べているけれど もう お箸に切り替えてもいいのでは?と いってもらいました。
視覚教室の先生には 「家でお箸で食べたがる」と言う話はしてあるので こんど 視覚教室にもお箸を持たせてみようと思う。

お兄ちゃんの時は 2歳半ぐらいから お箸を使い出していたので だいたい 1年以上のんびり始めたお箸。
ふと 思ったが 最近は ハサミも 連続切りが なんとなく出来るようになったので すこしは 指の分化ができてきてお箸をはじめてもいいのかも。

日記TOP   前のページ   次のページ