日記TOP

2008年3月
S  M  T  W  T  F  S
                  01
02 03 04 05 06 07 08

09 10 11 12 13 14 15
16
17 18 19 20 21 22
23
24 25 26 27 28 29
30 31
               

<<前のページ | 次のページ>>
2008年3月23日(日)
お楽しみ会 と 送別会

今日は 視覚教室の 卒園式と終了式なのですが、 4月から 一年生のお兄ちゃんの集団登校の班の お楽しみ会があるので 今日は 視覚教室はお休みしました。
いつも なにかと レイナの行事を優先してきましたが これからは 2人ともが 別々の生活になるので その時々によって どちらにするのかをかんがえなくてはいけないことが増えそうです。

朝 9時から 学校にお友達と 学校にいったおにいちゃん。
わたしとレイナは 久しぶりに会うお友達の送別会にいきました。
しばらく 外国での生活になられるので お店を借り切ってランチのパーティーでした。

お兄ちゃんのお楽しみ会は13時ごろに 終わるので 送別会を抜け出し お兄ちゃんを迎えに行き、また 送別会に戻りました。
その間、レイナは 私のお友達と賢く待っていてくれました。
こんなことも出来るようになったのかと レイナのことも そして 一年生になるおにいちゃんにも感心することばかり。

2008年3月22日(土)
最後のお弁当の日

今日は 保育園最後のお弁当、年少さん最後のお弁当の日でした。

2人とも朝から お弁当に うきうきしながら 保育園にいきました。
土曜日は 各学年2クラスあるけれど、出席人数が少ないので 年少は2クラス合同、年長も2クラス合同で すごしていました。

こういうとき レイナは いつもいっしょのお友達以外のお友達がいると どうなんだろう・・・

お兄ちゃんは 毎日 あと何日、あと何日で卒園と 楽しみにしているのか、寂しいのか 一日一日 保育園を楽しんでいる。

保育園のお迎えのあと 仲良しのお母さんといっしょに お花屋さんへ行きました。
卒園式の時に わたしの胸に着ける コサージュを 生花で 作ってもらうので お願いに行きました。
仲良しのお母さん何人かで わくわくしながら 花屋さんへいったけれど どんな花にするか どんなのが いいかイメージが湧かず・・・

2008年3月21日(金)
眼鏡屋さん 盲学校

今日は 保育園をお休みしました。

午前中は 眼鏡屋さんへ。
眼鏡のフレームのサイズを選びに。 先週、新しい眼鏡の処方箋と、補装具として申請するための診断書を持って お願いにいったけれど フレームのサイズを選ぶことなく帰ってしまったので。
レイナは この1年で 身長が7センチ (体重は 伏せておく・・・)大きくなった。
その分、顔の幅も大きくなり 今している眼鏡は もう、形が変わってしまっているほど。
今 ジャストサイズを作ると レイナの場合、また 1年もしたら 作り直さないといけなくなりそうなので 今の眼鏡より2サイズ大きめでつくってもらうことに しました。

その後は 盲学校にいきました。

来年度から 視覚教室での療育のほかに 盲学校の 教育相談(視覚教室でしているようなこと)を 受けようか、どうしようか悩んでいた。
年長さんに なってからでもいいかな〜と 思ったり、いかなくてもいいかなと 思ったり いろんな気持ちになったが、 盲学校にいっている子どもを持つお母さんから 「レイナちゃんは どうするん?」と 声を かけてもらうことも 多く、それは いろんな人に声をかけているのではなく やはり 声をかけてくれるお母さんなりに レイナにとっても いいかもしれないと 思うところがあるからだと思った。
かといって、 本当に盲学校は マンツーマンなので その子の 視力、視野、発達にあわせてしてくれるので 教育相談に行っている 子の内容を聞いても 想像がつきにくいので 今日は 体験がてら 行きました

すこし 早くついてしまったのですが いろんな先生が レイナの様子を見にきてくださり、しばらく 室内で 滑り台やトランポリンをして 遊びました。
レイナは 大好きな滑り台を 飽きずに何度も何度もしていましたが 先生方も 止めることなく レイナが あきるまで やらせてくださいました。
そのあと 部屋を移動し 机上でのいろんなことをしてもらっているあいだ、 わたしは先生と いろんなお話をしました。

わたしは なにをしてもらいたい、とか なにができるようになりたいでもなく、それに 視覚教室に不満があるわけでも ない。
ただ、最近は 保育園でも 視覚教室でもいっしょにいないので レイナの本当に家での生活やいろんなことが できる出来ないにかかわらず どれぐらい手助けしていくか、どこまで意識させていろんなことをやらせていくか 今のことだけでなく 将来のこと、見えている間にいろんな情報をレイナに与えたい、そして 近い将来 聞こえが悪くなることを考えると 盲学校だと、聾学校との連携もある分 スムーズにいろんなことを 教えてやることができるかもしれないと 思ったので。

いろんなところに通う事は レイナにとっても もちろんお兄ちゃん、そしてわたしにとっても 大変だけれど、 それ以上のものが あると思うから また がんばってみようと思う。

2008年3月20日(木)
おにいちゃんにつき合わされても

今日は お兄ちゃんが 最近はまっている ゲームセンターのポケモンのゲームをしに 行きました。
結構 一回100円で長い間遊べるゲームで 人気もあり 待ち時間、ゲームの時間 レイナは賢く待っていたというか なんだかわからず 待っていた。

最近 よく思うが 買い物などにいっても やはり見えていない、いろんなものがありすぎで 何をみていいのかわからないのか どんなものにも 興味をしめさない。
子供なら 見るもの、近くにあるものを 欲しがったり 手に取りたがるが、レイナはまったくそれがない。
だからこそ お兄ちゃんが ゲームに並んでいる間、となりのおもちゃ売り場をうろうろして レイナが何かを見ようとするか、なにか 気にしてみるか ちょっとブラブラとしてみた。
ゆっくり 歩いたが やはり 声をかけたり、みてごらん、そのものを指定しないと まったく 周りのものを気にしない。
買い物は どうしても目的がないと 行かないけれど お店を知るという感じで 一日ブラブラする日を 今度 作ってみよう。

2008年3月19日(水)

今日は すごい雨がお迎えの時に降りました。

保育園の進級説明会があり、 レイナが年中になったら 使う 用品販売があり、そして お兄ちゃんのお道具の持ち帰りの日で ものすごい荷物でした。

来年から レイナは 鍵盤ハーモニカが はじまったり、お絵かきの道具も クレヨンと太いマジックだけだったのが 細いマジックとコンテなどもふえ レイナがどのようにお絵かきを楽しめるのか またまた 不安が増えてきた。

そして また クレヨンは 色がわかるように 折り紙を巻いて名前付け、他のものも 目印をつけたり・・・
お兄ちゃんの小学校の道具にも 名前付け・・・
進級、入学は 嬉しいのだけれど この細かい作業が つらい。

2008年3月18日(火)
4歳

今日は レイナの 4回目の誕生日。
朝7時前から 携帯に 「レイナちゃん お誕生日おめでとう」のメールが じゃんじゃん着ました。
レイナに 今日、お誕生日やで〜 おめでとうと 言っても あまりピンときてないみたい。
保育園のお誕生日会、視覚教室でも カードをもらったりと いろんなところでおめでとうを 言ってもらっていたので 今日が誕生日という 意識はまだない。

そんな誕生日も 大学病院の受診から始まる。
今日は 小児科。
最近 特に変わったことも ないが 乾燥肌で かきむしってしまうレイナは ひじ、膝のうらなど かなりひどくなっているので 塗り薬をもらいました。
そして 鼻血がきのう 出たことを伝えると 次に採血をすることになりました。
てんかんの薬の血中濃度もそうだけれど、 やはり 肝機能なども見てくれると思う。

病院がおわり 今日は10時に保育園に到着!
まだ お着替えが終わっていないお友達もいたので 朝のお歌などにも参加できました。

保育園では お別れパーティーがあり 給食も 握り寿司(もちろん 給食のおばちゃんたちの 手作り)や から揚げ ケーキなど とってもごちそうを食べたようです。
家では レイナが 大好きなハンバーグにしました。
そして ケーキは 自分で作ればいのだけれど、 自分で作るよりおいしくて そして安全で 甘さが抑え目の Rくんばあばに 作ってもらいました。
カロリーを抑えたケーキなども市販されているけれど 人工の甘味料やいろんな 甘さで作ってあるだろうとおもったし、 なにより Rくんばあばの ケーキは 本当においしい。

そのケーキにろうそくを挿し、 いままで 自分ひとりで ろうそくを 吹き消せなかったのに 今日は 消すことも出来ました。
ゆっくり ひとつづつ出来ることもふえ、 元気に過ごしている。 
元気な子供でも ただそれだけのことも 嬉しいのに レイナの場合は 本当に うれしい。
ただただ 生きていてくれるということ。

やはり 今年も 元気でいてくれた反面、毎年思ってしまう あと何年、目が見えているのだろう、あと何年たったら もういちど心臓に気をつけなくては・・・と 思ってしまう。
でも この先何年もこの日を 迎えられることを願うばかり。 

2008年3月17日(月)
保育園 → 視覚教室

保育園もあと 1週間ほど。
やっと レイナの中で 教室の雰囲気も 月曜日に昼から 視覚教室にいくことも 理解しているようにおもう。
朝 送った後 「給食のあと お迎えに来るからね」というと 大きく 「うん」といって すたすたと 自分の席に向かっていった。

午前中は お散歩にいったそうです。
とっても楽しそうに歩いていたそうで 今日は 疲れて車で寝るかも知れません。と先生がおっしゃるほど楽しいお散歩だったようです。

視覚教室に 向かいながら 今日も レイナは ミュージックフェスティバルで歌った歌を 大きな声で 歌い、満足したら ぐっすり寝ました。
教室についても起きないで 寝たまま 教室に運びました。
すると 今日は暑かったからか 鼻血が急にでて おきました。
午前中に療育に来ていた お友達も 鼻血をだしていたそうなので 暑いからのぼせたのかもしれないけれど、 この病気は 鼻血もでやすい。というのは 肝機能が衰えてくると・・・ということで 出やすい。
肝機能がそんなに わるいとは 思わないが 生まれて4年間 薬を飲まない日はないし、ただでさえ 脂肪肝だし ちょっと気になるところ。

療育が はじまると とってもご機嫌で Eちゃんと絵本を読んでもらって 楽しんだり 塗り絵をしたそうです。
塗り絵は 以前、何をするのか 説明されても、見本をみても いまいちだったのが 意識して 絵を埋めようとした形跡がありました。

来年度、個別の療育は 火曜日の予定だったけれど 月曜日に変更になりました。
年長の先輩お母さんと いっしょの曜日なので すごく嬉しい!
来年も がんばって 教室に通うつもり。

日記TOP   前のページ   次のページ