日記TOP
2008年4月
S  M  T  W  T  F  S
      01 02 03 04 05
06 07
08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30          


<<前のページ | 次のページ>>

2008年4月7日(月)
入学式

今日は お兄ちゃんの入学式。

レイナを先に保育園に送り、お兄ちゃんの入学式に向かいました。
あいにくの 大雨。
すこしは お兄ちゃんもドキドキしているのだろうと思っていたが、それよりも 一年生になることの方が嬉しいみたいで 飛び跳ねながら歩いていました。
入学式の間も 私のいる方をみては ニコニコして嬉しいのはわかるがすこしは緊張してほしい・・・と思うほど。
入学式がおわり、家に帰ってすぐ、「ぼく 勉強するから おかあさん、問題出して」といいだした。
問題は算数。2+3とか 5+6とか。
やる気がいつまで続くのか。

昼からは 学童の入会式。
すごい大雨だったので Rくんのばあばが 私たちと RくんとRくんのお母さんを学童まで 送ってくれました。
2年生や3年生に迎えられ 学童のお約束を聞いたりしました。
帰りは 歩いて帰ったので 靴は 水溜りを歩いたようになりました。

レイナは 保育園で今日は新しい眼鏡を先生に褒めてもらい とっても嬉しそうだったそうです。
新しい眼鏡で 雨の日。 レイナはとっても過ごしやすそうだったそうです。
お迎えにいくと 男の子たちと遊んでいました。
ブロックで飛行機をつくり あそんでいるようで レイナもいくつか組み立てたブロックを持って 「ぶーん」と 空をとんでいるようにしてあそんでいました。

2008年4月6日(日)
New 眼鏡

今日は やっとレイナの新しい眼鏡ができたので とりにいきました。

もう 今している眼鏡は フレームの幅も狭く、レンズも小さくなっていて 遮光眼鏡の意味がないほど。
今までの眼鏡より2サイズ大きい物にしました。

レイナに 「新しい眼鏡、もらいにいくよ」といっても 特別嬉しそうにするわけでもなく、「ウン」といって 車に乗って眼鏡屋さんに向かいました。
今日は天気もよく、京都市内は 桜が満開。どこを通っても観光バス、人、人、桜・・・

お兄ちゃんは 車の中で 気持ち良いのか ぐっすり寝ていました。
眼鏡屋さんにつくと レイナは 椅子に座り、新しい眼鏡をかけてもらうと 「ありがとう」と もう帰る気満々。
眼鏡の幅を合わせてもらい、眼鏡屋さんや私に 「いいわ〜 新しい眼鏡!」といわれると すっごく嬉しそうにしていました。

レイナの眼鏡は レンズが分厚く、しかも 色がついているので 傷がつくと レンズが白くにごって みえにくそうでした。
新しい眼鏡は 濃いいろのレンズでも 傷がないから レイナの瞳が見えて レイナも見えやすそう。

2008年4月5日(土)
お散歩

今日は お兄ちゃんは 学童、レイナは おうちでゆっくりすることにしました。

学童には 学校になれたころ、学校帰りに 直接行き自分たちで帰ってくることになります。
しばらくは 送り迎えをしなくてはいけないので 将来、自分たちで帰ってこないといけないので 今日は お天気も良いので 朝、学童まで 歩いていきました。
途中、歩道のないところがあり そこは 観光名所のそばなので 観光バス、車もよく通るので 歩き方を教えながらいきました。
レイナが歩くのには すこし距離がありましたが 桜も綺麗で レイナの大好きなバスも たまに通るので 賢く歩いていきました。

昼間、お兄ちゃんがいない間に いっしょに グリッシーニを作りました。
レイナは グリッシーニの材料が 粘土に見えたのか 「こねこねする〜」と キッチンに 踏み台を持ってきて 生地をころころしたり、麺棒でたたいたりしていました。



夕方、私は お兄ちゃんの保育園で同じクラスだった 女の子のおうちへ行きました。
とってもよく成長してくれる レイナ。
制服のスカートが もうきつくなりました。
お兄ちゃんのお友達の女の子は 140のサイズのスカートをはいていたので 譲ってもらうことにしました。

そのあと、お兄ちゃんのお迎え。
またまた歩いていきました。
そして 今日は Rくんが 我が家にお泊りをします。
お兄ちゃんは大喜び、レイナも「R!!」と 呼び捨てにするほど、大好きなRくんなので とっても嬉しかったようで 三人で お布団にはいっても なんやかんやと 話してなかなか寝ませんでしたが 気がつけばみんなで寝ていました。

2008年4月4日(金)
お友達がうちに来る

今日、保育園は 入園式で 年長組以外は お休み。

レイナは 保育園、お休みです。
お兄ちゃんも 学童をお休みして お友達といっしょに遊ぶことにしました。

お兄ちゃんとKくんは同い年、レイナとYくんも同い年で お母さんとも仲良くしていましたが お互いに忙しく いっしょに遊んだり家に行き来もはじめて。

男の子3人、女の子はレイナだけ。
やはり 男の子が多いと レイナは ついていけず 遊びに加わっているような ないような・・・というかんじ。
でも 自分の家に 知っているお友達が来てくれるのは うれしいようでした。

2008年4月3日(木)
不安

レイナは 新しい 教室にすこし戸惑いがあるみたい。
年少のクラスと 今のクラスでは ピアノの位置から 先生の机の位置、自分の机からロッカーの場所まですべてが変わりました。
教室の構造上 仕方ないのですが、やはり 自分の座っている位置から 動くときに まだまだ 以前のクラスの感覚で動くようなところもあるみたい。

でも 年中になったからこそ 自分で出来ることを増やすことは 私も 担任の先生も同じ思いなので レイナの制服をかけるハンガーにも 目印をつけてくださったりと ゆっくりひとつずつ レイナが出来る工夫を先生自ら してくださっています。

今日は お友達に 「スカートどうすんの?」と レイナが聞いたらしく、そのお友達は 『ちょっと まってや。コレ 終わってからでいい? いい?』と聞いてくれて 「うん」とレイナが返事をすると 「まってや〜 ちょっとまってや〜」といいながら 自分の用意を早く済ませ レイナのお手伝いをしてくれたそうです。
でも すべて手伝うわけでもなく ちゃんとレイナが出来ることは レイナにするように いってくれたそうです。
お友達も 先生が レイナにしていることをしっかり見ていてくれて ちゃんとレイナと接してくれていたそうです。

2008年4月2日(水)
進級・学童

昨日 みんな疲れたのか、すぐ寝ました。

今朝は・・・
お兄ちゃんは 今日から学童。春休みの間は お弁当を持っていく。
でも、起きたら 8時。
みんなで一斉に おきて大騒ぎ。
お兄ちゃんも レイナも 現実にもどり、大急ぎで 家を出る準備をしました。

お兄ちゃんは学童に行きたいといったり、いきたくないといったりしていましたが、今日は お弁当を楽しみに 学童に行きました。
思ったよりも学童が楽しかったのか 帰宅後は いろんなことを話してくれました。

レイナは 今日から年中。
あまりよくわかっていない感じでしたが 去年度までのクラスの前を通り過ぎ、新しい教室に行くまでの間、すこし不思議そうにしていました
「今日から レイナは 年中サン。お部屋が変わるし 先生もかわるよ」と いって、 お部屋まで行きました。
教室の前で 「レイナのお部屋は 今日から ココ。さあ、先生は誰でしょう?」というと 先生が 『レイナちゃん、おはよう』といってくれました。
レイナは その声で すぐ 大好きなO先生とわかったようです。
「今年もよろしくおねがいします」と 私が言うと レイナも「おねがいします」と いいました。
もうひとりの担任の先生は 去年 同じ年少さんの担任でしたが 違うクラスで、一時保育のときなどにお世話にもなっていたので レイナも私もとても安心しました。

2人を送った後、私は お友達と会う約束になっていたので急いで 用意をしていきました。
毎日 なぜか 用がある・・・

2008年4月1日(火)
USJ

みんな いつものんびり寝ているのに 今日は 早起きして USJへ

Nのママ、N、にぃにも 8時半には我が家へ到着し、お父さんの運転で 向かいました。
子供たちは 「もう着く?」ばかり。

到着して まず、スパイダーマンのアトラクションに行きました。
身長制限のことばかりが気になり、レイナはギリギリのれる!!と 乗せてしまったものの・・・
心臓のことと、てんかんのことをすっかり忘れ、乗せてしまいました。
結構ゆれるし、光もすごい!! 隣で 私はレイナをジッと見ることしか出来ず。
レイナは 何が起こったかもわからず・・・というかんじで 無事、アトラクションを終えましたが、ほんと、うっかりしていた。
こういうところは レイナがあそべるものは ない・・・
その後は レイナが楽しめそうなものにいったり、 男の子グループ(お父さん、お兄ちゃん、にぃに)と 女の子グループに分かれて 行動しました。

最後に セサミストリートのアトラクションに行きました。
始めは 眼鏡の上から 立体に見える眼鏡をかけてすこし見ていると 近づいてきた映像にピクッと反応していました。
レイナもすこしは楽しめるかなって思っていたのに、しばらくすると 寝てしまい、ちっとも映画をみることもなく・・・
シートがゆれようと 水がすこしかかろうと寝ていました。
やはり レイナは 楽しめるというか まだ 反応も少なく、どこまでわかっていたかはわからないけれど、ぶらぶらしました。
でも ポップコーンは 人一倍喜んで 食べていました。
朝、10時ごろから 夜7時ごろまで めいいっぱい楽しんで うちに帰って、 お父さんは 地獄の子供4人とお風呂タイム。

日記TOP   前のページ   次のページ