reirei日記TOP

2004年 6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
<<前のページ | 次のページ>>
2004年6月6日(日)
痙攣?

お昼、痙攣のようになって座薬のお薬をいれてもらった。
哺乳制限もきつくなって、おなかが満足せず 泣いている。泣くと心臓に負担がかかるので、おしゃぶりをくわえさす。
鼻もでてきて、ゴロゴロもいっているし咳も出てきた。
夜 あまりにも泣きすぎるので、心臓に負担がかかってはいけないので眠るお薬を飲んで寝る。

6時半  吸入 薬 母乳80cc
10時  ミルク 80cc  座薬(ダイアップ)
13時  母乳 80cc
15時半  母乳80cc
18時  母乳80cc 体温 37.6℃
20時  ミルク30cc トリクロ

2004年6月7日(月)
おっぱいまで振り出しにもどる

咳がにごっていて吸入後、吸引でかなりのタンや鼻水がとれる。
今日から 鼻のチューブからのおっぱいに戻る。
明日予定していた 胃のpHモニター(胃酸の逆流の検査)は取りやめ。
また、貧血がきつめに出ているみたい。輸血するほどではないけど。
昼から お薬がふえる。(痰きりのお薬) 夜は貼り薬(気管支拡張)
それと、眠たくなる座薬

8時  吸入  吸引 薬 ミルク60cc
9時  血液検査
10時  座薬 レントゲン 体ふき  体温37.6℃
12時  母乳60cc 体温37.5℃
15時  吸入 吸引 薬 母乳60cc 体温37.6℃
18時  吸引  ミルク60cc
21時  吸入 吸引 薬 ミルク60cc トリクロ 
22時  ホクナリンテープ 座薬
便・・・1回

2004年6月8日(火)
はじめて お父さんの付き添い

こうも長期の入院となると、お父さんの付き添いの交代がないとしんどい。
実際、ほかの長期入院のお母さんは、週に一回はお父さんと交代しているらしい。それに、お兄ちゃんがとても心配。
週に2回ぐらいは病院に来て顔を見せてくれるたびに表情がどんどんくもっていく。
昨日の夜、レイナが寝てから交代してもらった。お父さんは夜中寝れなかったらしい。
それは私も一緒よ・・・
お兄ちゃんは、遠慮がちに「今日は一緒のお布団で寝れるの?」と聞く。「寝れるよ。」というと手を離さない。
そして寝たらいなくなるかもという不安からか、なかなか寝なかった。
「もう、我慢できない・・・」という。我慢しなくていいんやで、泣きなさいっていうとワーっていっぱい泣いた。ずっと泣かずにがんばっていたお兄ちゃん。
昼ごろ 病院に戻って付き添いを交代する。そして、脳波の検査とCTの検査が入っていたので検査室までお兄ちゃんも一緒に行く。お兄ちゃんは面会ができないので、入院してからはじめての対面。点滴やら酸素やらついているレイナを見れないようだった。3歳にはつらいかもしれないけど、レイナがどんな状態か見せておこうと思った。
それでも、レイナにあえてうれしかったみたい。
 お兄ちゃんはあんなに泣いていたのに私と離れるとき「あしたもがんばるからな!」と少し赤い目でいってお父さんとかえっていった。

12時  ミルク60cc(すべて鼻のチューブから)
3時   ミルク60cc
6時   ミルク60cc
9時   ミルク60cc
10時  座薬
12時  ミルク60cc
13時  脳波 CT(起きてしまって検査できず)
15時  ミルク60cc
16時  体拭き
18時  吸引 ミルク60cc
21時  吸入 吸引 ミルク60cc
便・・・2回

2004年6月9日(水)
検査 いっぱい

点滴が昨日、漏れかかっていたので抜去したので、朝 今回は足からの点滴。
レントゲン、MRI、CT、心電図の検査。心電図は24時間つけっぱなしの検査で、抱っこしたら抱っこした時間を記入したり、ミルクの時間も書いたりする。欲をいうと、血液検査もしたいけど採血したら貧血がすすむので血液検査はなし。
すごくねばねばの鼻がでて、詰まってしまって呼吸がしにくくて寝ていても目が覚めるよう。
吸引しているときはしんどいけど、そのあとはスヤスヤ寝る。

12時  ミルク60cc(すべて鼻のチューブから)
3時   ミルク60cc
6時   ミルク60cc
9時   ミルク60cc  薬  
10時  座薬
11時   レントゲン
12時   ミルク60cc  吸入 吸引 
13時   トリクロ  CT  MRI
14時   体拭き
15時   薬  吸引  ミルク60cc  体温36.8℃
16時   心電図
18時   吸引  母乳60cc
21時   吸入 吸引 薬 母乳60cc 
22時   座薬  ホクナリンテープ
便・・・1回

2004年6月10日(木)
すこ〜し よくなった

今日は検査もなく過ごす。
24時間の心電図をはずすとき、テープがいたくて泣いた。(外れないようにべったりはってあったから・・・)
夜、座薬を入れた後すぐ ウンチ・・・お〜い
吸引で鼻をとってもらうと、酸素の値(SPO2)は100になる。
心拍数も 寝ると100〜120で落ち着いている。
また、調子がよくなるといいね。

12時  ミルク60cc(すべて鼻のチューブから)
3時   ミルク60cc
6時   吸引  ミルク60cc
9時   薬 ミルク60cc 
10時  座薬  体温37.5℃
12時  ミルク60cc
15時  体拭き ミルク60cc 薬 吸入 吸引
18時  吸引  母乳60cc
20時  吸入 吸引 
21時  ミルク60cc
22時  座薬
便・・・2回

2004年6月11日(金)
眼科 眼底検査

朝から レントゲン。肺は回復してきたみたい。
昨日の夜心拍数が 急に下がったりして 看護師さんもびっくりしていた。
心臓のお薬がきいているからそうなってしまうことがあるらしい。心拍数が下がっても酸素の値が100なら問題ないらしい。
目の検査。眼球に傷もなく、眼底も普通だそう。でも、あんまり追視しない・・・眼振があったらそんなふうにみえているんやろう・・・
CT、MRIの検査結果は 主治医のY先生が見る限り 大丈夫だそう。
一応、脳外の先生にも診てもらうといっていた。
私の妹が、来てくれた。


12時  ミルク60cc(すべて鼻のチューブから)
3時   ミルク60cc
6時   ミルク60cc
9時   吸入 吸引 ミルク60cc 薬 
10時  座薬
11時  体拭き
12時  ミルク70cc
13時  眼科
15時  吸入 吸引 ミルク70cc
18時  ミルク70cc
21時  母乳70cc 吸入 薬
22時  座薬
便・・・なし

2004年6月12日(土)
消灯後、大泣き

昨日も 今日も消灯後 2時間大泣き→鼻づまり→大泣き→吸引→大泣きの悪循環。
汗もかいて熱くなってまた寝れなくなって・・・。
でも、風邪が治ってきたのか よく泣くし、吸引しても嫌がるようになってきた。
今度の火曜日はやっと逆流の検査(pHモニター)

今日はおにいちゃんとばあばが来てくれました。

12時  吸引 母乳70cc(すべて鼻のチューブから)
3時   母乳70cc
6時   母乳70cc
9時   母乳70cc  薬 
10時  座薬 
12時  ミルク70cc
15時  体拭き  吸入 吸引 ミルク70cc 薬
18時  母乳70cc
20時  吸入 吸引
21時  ミルク70cc 薬
22時  座薬
便・・・2回

日記TOP   前のページ   次のページ