日記TOPへ


2006年10月
S  M  T  W  T  F  S
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31             

<<前のページ | 次のページ>>
2006年10月14日(土)
眼鏡屋さんと動物園

昨日、電話を貰っていたので 眼鏡屋さんに行く。
お兄ちゃんを保育園に行かせてもよかったけれど、お休みさせて 一緒にいった。
毎日、お兄ちゃんは『今日は レイナちゃん どこいったん?』と 聞く。
私と二人で 毎日のように出かけることが 不安だったり寂しかったりすると思う。
なので、今日は一緒にいって、帰りに動物園に寄った。

眼鏡屋さんに行く道、お兄ちゃんは『まだなん?どこなん?いつ着くの?動物園は?』の 繰り返し。
1時間もかかると、お兄ちゃんには退屈なようで・・・

眼鏡屋さんに着くと 店主はすぐに サイドシールドを見せてくれた。



メーカーに問い合わせて 改良する方法を聞いてくださったようで、本当に嬉しい。
これなら、かなり安全でピッタリ眼鏡にくっついていてくれるはず。
でも、ガードの生地の部分が 頬や眉毛にあたるので 生地の部分は 付け替えか切ってサイズをあわせないといけない。
それに、黒いのって なんかかわいくないし。
ちょっと、時間がかかるかもしれないけれど、またチクチクがんばって改良するつもり。

動物園、レイナは初めてです。
季節、気候も今が一番いい。

動物園について一番初めに見た動物はキリン
でも、レイナは予想以上に見えていない。
動くものを見るのはとても難しい。それに外で眩しい。 視線、ピントが合わせられない。
檻の前の柵を 掴んで、『キリン、キリン』といっているけれど、明らかに キリンの方を見ていないし まったく気づいていない
象をみても、コンクリートの壁の色と象の色。光の反射
そして、あまりにも大きいモノを見ることがどういう風に見るのか・・・それすら まったくできない。


家で、テレビを見るときも だいたい画面から20センチのところで、中心部分しか見れないから 動物園の檻のなかの動物なんて 見えていなかった。

まあ、写真やテレビで教えたらいいか〜。 仕方ないよ、見えないし解らないもん。
これから また、少しずついろいろ教えて レイナも成長したら 少しは解るようになるでしょう。

2006年10月13日(金)
さつまいものミルフィーユ

午後から 注射の予約を入れていたので 病院にいったら・・・
なんと、今週はできないって・・・ 3週間から8週間の間に受けるタイプでした。
でも、予約の電話のとき いいって言われたのに・・・ 
ショック〜
それやったら 今日は天気がいいから もっと洗濯とか拭き掃除したかったのにぃ〜


気持ちを切り替えるのには 甘いもの!


お兄ちゃんが昨日 保育園の芋ほりで めちゃくちゃ大きいさつまいもを持って帰ってきたから さつまいものミルフィーユを作った。
コレ、水曜日にお友達とランチに行ったときに出てきて あまりにも簡単そうだから 適当に作ったら出来た。
パリパリになったさつまいもと クリーム状のさつまいも、生クリーム。
生クリームを泡立てるのが面倒だったら バニラアイスでもおいしいかも。

レイナも お兄ちゃんもお父さんも、みんなおんなじ顔して食べてた。
特にお父さんとお兄ちゃんは 甘いモノを食べたときは 唇がとんがる。
おいしいと とんがり度がアップする。


今日は留守中 眼鏡屋さんから電話があったようで、サイドシールドの加工の仕方をメーカーに聞いてくださったらしく 電話が欲しいとのことだったけど、明日 眼鏡屋さんに行こうと思う。
この間 いただいた サイドシールドを安全に、そしてかわいくするのに 少し眼鏡屋さんの協力もいりそうだし。


今日は ビクッとなる発作が 多かった。
1時間に一回はしていたように思う。
最近、多くなってきて たまにすごくビクッが大きいときがあって、こっちもビクッとなる。
季節の変わり目、風邪や体調に気をつけないと。

2006年10月12日(木)
視覚教室

なんと、いつもは お休みの人がいても 5人ぐらいは出席しているのに、今日の出席は3人
先週の土日の雨で 運動会が延期になって、予行練習の園など 今日は寂しい教室でした。

でも、3人ということは 逆にいつもはだいたい担当の先生が決まっているけれど どの先生も目が行き届くから しっかり見ていてくれました。

レイナは教室で一番大好きな先生に朝、会った瞬間 眼がキラキラ
大好きな先生がいるとわかった今日は 教室に着いた瞬間から 私はどうでもいいようでした。

先週と同じく 平均台、トンネルくぐりをしていたようです。
先週は 少し高かった平均台を今日は低くしてありました。
レイナは先週は先生の手を持って 平均台を歩いていたのですが 今日は 平均台を ゆっくりとひとりで歩いたそうです。
ゴールのところで 大好きな先生が 音を出していてくれて それに向かって ゆっくり丁寧にあるいて 平均台から落ちることなくいけたようです。
すごーい!!

帰る前に お友達の運動会のビデオを見せてもらいました。
光を感じているぐらいの視力のお友達で 幼稚園に通われています。
お友達のがんばっている姿、すごくかっこよかった。
タンバリンの音だけを頼りに トラック一周 走ってた。
運動会って ザワザワして音楽もかかっているのに ちゃんとタンバリンの音だけを聞き分けてた。
すごい。ほんとにすごい。
そして、種目にでるときの入場などは 先生が手をつないで連れて行くのではなく、幼稚園のお兄ちゃん、お姉ちゃんが手をつないで連れて行ってくれたり。
園の先生も 工夫されていて、 玉入れをしているときには ちゃんと、その玉入れでつかっている玉を手に持たして 「この玉で玉入れをしている」ということを 横で話しておられたり、縄跳びの時は 縄跳び・・・と 言葉だけの説明では わからないモノは必ず触らせる
全部、用意しておいて そのときにすっと渡されているところ・・・ 園の姿勢がすばらしかった。



夕方 保育園にお兄ちゃんを迎えに行ったら レイナは一時保育でラブラブになった お友達と手をつないだり、ハグしたり。
お友達も 『レイナちゃん!!』と 姿をみつけたら もう、手を離しません・・・

その姿をみて 保育園の先生が お兄ちゃんに『レイナちゃん、取られたなぁ〜 いい??』と 聞くと お兄ちゃんは無言で 首を横に振っていた。
やっぱり 複雑な気持ちになるのね。

2006年10月11日(水)
一時保育

2回目の一時保育。

2回目は 朝バイバイするときに 少し泣くかな?と覚悟していたら やっぱり少しグズッとしたけど 泣くまでではなかった。
帰りにお迎えにいっても 別に、「あ、迎えにきたん?」ぐらいのリアクションでした。

お兄ちゃんは お天気がよかったら 芋ほりだったのだけど、雨だったので明日になりました。

私は、お友達とランチに行きました。
お兄ちゃんを産んでから 子供ナシで出かけるなんて 美容院と歯医者以外初めて!
何年ぶり???6年ぶりぐらい!!

子供がいないと 話を中断されることもなく ずーっと話していました。
そして、少しリフレッシュしたような、寂しかったような。
レイナとこんなに離れるなんて 不安もあったけど、レイナもあのころからは想像できないぐらい元気になったんだなと思った。

2006年10月10日(火)
視覚教室

今日も 教室のみんなと公園にいったそうです。

先生と一緒にブランコに乗っても今日は そんな気分じゃなく、滑り台に夢中だったそうです。
階段のところで 手すりをちゃんと教えたら 階段も ぐんぐん登って スーッと上手に滑ったそうです。
何度も繰り返し ご満悦だったようです。

前回 公園に行ったときは お砂場で遊ぶスコップなどを持っていっていなかったそうで 砂場では砂だと解っていても 何をどうして遊ぶのかに迷っていたようですが、今日は スコップで砂をすくったり 入れ物にいれたりと 砂場も結構遊んだそうです。
帰りに歩いて教室まで行くときも グングン歩いていたそうで、 いろんな経験を教室でさせてもらっていることに感謝。
もし、通っていなかったら 眼が見えにくいということで どこまでフォローしてどこから自分でさせるかっていうところが解らずにいたと思う。


教室のあと、 大学病院の耳鼻科で 聴力検査
半年ぶりかな??
今までしていた 音がしたらピカピカ光る箱のなかのぬいぐるみが見えるという検査はもう、レイナは飽きてしまうからできなくて、もう少し大きくなったら出来る 音が聞こえたら自分でビーだまを入れ物に入れるという検査は、まだ  難しくてできなかった。
でも、私も耳鼻科の先生も 出来るようになるまでの練習というつもりで しました。
また、半年後ぐらいに 練習をかねた検査に行きます。

2006年10月9日(月)
ボー

今日は 朝からいいお天気。
祝日でお兄ちゃんが家にいる・・・ レイナと遊んでくれて楽なような、ややこしいような・・・・

そこらじゅうのものを洗濯して、まだ片付けていなかった扇風機を片付けたら もう私は完全燃焼。

レイナとお兄ちゃんは 少し風邪気味で、でも元気だけど 強制的に昼寝。(私が寝たかっただけ)
二人とも昼寝をしたらスッキリしたのか 夕方から絶好調!!

夜はなかなか寝るはずもなく、お父さんが帰ってきてまたまた絶好調。

私は どうしても明日までに仕上げたいことが。
それは牛乳パックの椅子
レイナの椅子(美・食・住に載せてある椅子)はもう、レイナが大きくなって入らない。この椅子は 視覚教室に持っていこうと思う。
視覚教室は 視力だけでなくほかにいろんな病気や 発達もさまざまで、これから歩行できるようになる年齢や発達の子供さんもいて あの椅子は 歩行するための股関節の筋力など歩行を促すのにとても有効なので 邪魔にならなければ 視覚教室で使ってもらおうと思う。
そして もうひとつは ただ四角いだけの椅子。
お集まりのときに みんなが座っているので いくつかあるけれど、すこし古くなってくたびれているのもあるので。
お金がかかるものじゃないし、布もあまっているのがあるので、少しずつ作っていた。
もう、こうなったら眠たくなるまで 待つしかないので 作った。

布はボンドで貼り付けるので 明日の朝までに乾くと願って。

2006年10月8日(日)
ばあば

雨が降ったり、晴れたり・・・ そしてすこし肌寒い。

朝からお兄ちゃんは 「○○くんのお家に遊びに行きたい」と言い出す。
でも、そんな急に言われても・・・ そんなにそこのおうちと仲良くなってないし・・・



そんな時、私の方のばあばが 来てくれた。
一緒に買い物に行きました。
いくつか 買いたいものがあって、見ていたけれどピンと来るものがなくて だらだらお店の中を歩いていた。
レイナは 外に出るときは つばの大きな帽子を被っているけど 今はどうみても夏物。
秋冬にかけて被る帽子を探した。
キャップタイプ・ニット帽、そして大体はつばが短い。
その中でひとつだけつばが大きめの帽子を見つけた。
でも、高ーい!!
他につばの大きな帽子がないから値段は仕方ないと思うけど、どうにかならんのか??子供服の値段。

こうなったら、ミシン 買うしかない・・・
これからポッチャリレイナに 服を買っても改造しないといけないし。
でも、正直 あんまり手芸はすきじゃない。肩が凝るから。

視覚教室のお母さんは 結構 器用な人が多い。
きあらママも すごい上手にシール帳のカバーを作っていたし、Eちゃんのママは今度 レイナに服を作ってくれるって〜。
いろんな意味で お母さんたちを味方につけよ

レイナは最近、ズボンとオムツを脱ぐのがブーム
気が付いたら オムツまで脱いで、ニコ〜ってしながら 近づいてくる。
この前は 夜、寝かしつけた後、家の用事をしていたら お父さんが 子供たちが寝ているのを見に行って、
『おい、なんでレイナ ズボンもオムツも脱いで寝てんねん?』と・・・
知らん・・・なんでぬいだん??
癖にならないといいけど。

日記TOP    前のページ   次のページ