reirei日記TOPへ


2006年8月
S  M  T  W  T  F  S
      01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31       

<<前のページ | 次のページ>>
2006年8月26日(土)
ピアノ

実家にずーっとおきっぱなしになっていたピアノを 我が家に移動させてもらいました。(料金は 私のばあば持ち。ありがとう)

ばあばが、どうせ 実家に置いていてもつかってないなら お兄ちゃんももちろんだけど レイナにつかわせてやったら??といってくれたので。
結構、ピアノを移動させるのってお金かかるだろうし 考えとくっていっていたんだけど ばあばが出してくれて 本当にありがたい。

お兄ちゃんもレイナも ピアノが到着するとワクワクして いっぱい音を出していました。
私も久しぶりに ピアノにふれました。 と、いっても ほとんど弾けないし、楽譜ももう読めない・・・
ピアノを習っていたときの 本(こどものバイエルとか)をばあばがちゃんと残しておいてくれたので、ちょっと弾いてみた。
聞けたもんじゃない・・・
暇を見つけて 練習しよう!!

レイナは 昼寝をしなかったので 19時に寝た。 お兄ちゃんも20時半には寝た。
今日は ホームページ、過去の日記を追加しよう!と思っていたら・・・
21時半。 レイナが 起きた。 アレ????
熱い・・・38.5℃。 ひえ〜っ。 熱やんか〜。
てんかんと診断されてから 初めての熱・・・
どうか、早く熱がさがりますように。

2006年8月25日(金)
あかちゃん

日赤でお世話になっていた 看護師さんが 赤ちゃんを出産されたので 会いにいきました。
もしかしたら、こどもを連れて産婦人科病棟の病室に入れないといけないので、まず小児病棟へいき 12時で仕事が終るIさんを レイナの子守として一緒に行く約束をしたので 病棟にいきました。
でも 一緒に病室に入れました。 (赤ちゃんは 赤ちゃんのお部屋にいるから)
緊急帝王切開で産んだそうで 大変だったようです。
でも 赤ちゃんは お母さんそっくりのかわいい男の子。 
レイナも 「あかちゃん。あかちゃん、あかちゃん」と 赤ちゃんを見るたび連呼していた。
最近は 自分より小さい子のことにも興味をもつようになり 少しおねえちゃんになったみたい。

で、久しぶりにレイナをみた どの看護師さんも「でかなったなあ〜」と・・・
一ヶ月で1キロ増えたっていうと みんな、ギョッとしていた。 普通の健康な子供なら(逆に病気の子も)体重が増えることはとーってもいいことだけど、高脂血症のレイナさんは・・・よろしくないのよねぇ・・・
確かに、この1キロで レイナは95のサイズのビキニがきれなくなりました。
夏場はいいけど、これから冬になって長袖の服になると、袖も長いし 体にあったサイズを買って袖を短くしないといけないなぁ。
お兄ちゃんのときとかは 大きめ買って 今年は袖を折って着せて来年ピッタリってできたけど レイナは来年を見越して買うなんてしても入らなくなるだろうな・・・

ミシン無いし、ミシン買ってもらおうかな〜。
お父さんに仕事がんばってもらって。

2006年8月24日(木)
視覚教室

着くなり、またまたボールプールに向かったレイナ。
朝、教室につくと 朝の用意は シールのノートを箱に入れることと タオルをトイレと手洗い場にかける事なんだけど 今までなかなかできなかったり しようとしなかったけど、トイレの後に手を洗って使うことや ご飯の前に手洗いをすることをきっちり理解できるようになり、タオルは必要なものと解ったようで 今日はタオルを自分で掛けに行って ちゃんと引っ掛けるところにタオルの輪っかをとおすことができました

木曜日のお友達もだいたい同じぐらいの年齢の子供だけど 姉妹できておられるお友達の 妹さん(8ヶ月)の名前を教えてやると 一生懸命名前を言っていた。
まだまだ お友達の名前と顔は一致しているけれど お名前を呼ぶことはあまりないレイナだけど、赤ちゃんに興味津々。


プールももう本当に慣れっこで、べたんと座って遊んだり先生に 浮くように支えてもらったら 上手に体の力を抜いて浮いていたそうです。
先生も はじめがすごい抵抗があったのにこの夏でこんなになれるなんて!とびっくりされていました。
もちろん、私も けっこう頑固なレイナが こんなに教室が大好きになってくれるなんて 涙・涙です。

そして給食は エビフライだったそうで、今日は結構量が多くて 残しているお友達が多い中 レイナはピカピカに完食!! そして、途中で先生に 今までに見たことのない満面の笑みを何度も見せていたらしい。それを話してくださる先生も すっごい笑顔だったので 本当にすごいご機嫌の笑顔だったんだろうな〜
ほんとうに レイナは食べることは大好き!!(間違いなく 私に似たね・・・
まあ、それが心停止起こしても復活するレイナの生命力の源!!!


昨日、ふっと 思い出した レイナのことをかわいがってくれた看護婦さんが 8月に出産予定日だったこと。
で、昨日 かなり腕利きの看護師さんのIさんに 「もう 産まれた?」って聞いたら ちょうど 昨日出産されたようでした。
なんやろ〜この 思いついて連絡したら丁度産まれたって。 テレパシーやわ!!!

明日、赤ちゃん見に行く予定です。

2006年8月23日(水)
パンツ

朝から、オムツをはかさずパンツをはかせて とりあえず オシッコのジャーって感じを教えようと やってみた。
体の筋肉も柔らかいレイナは まだ、腹筋など体がまだトイレトレーニングをするほどには成長していないとは思うけど。

そろそろ、トイレに誘ってみようかな?っておもうころに機嫌が悪くなり、大泣きした瞬間、ジャー
普通なら なきながら近づいて来たり、どの場でバタバタして怒りながら泣いているのに 立ち尽くして泣いていた。
ジャーってなっていて 動けなかったみたい。
それも、いつもと違うってかんじているってことだし 今日はとりあえずパンツで!!と決めた。
その後も、 泣く→ジャーっていうのを何度か繰り返し、いつもと違うことに疲れたのか 11時から16時まで 昼ごはんも食べずに寝てた・・・
おかげで 晩御飯は いつも以上にモリモリ食べてすごい勢い・・・
絶対 レイナは前世は肉食獣やったと思う・・・

2006年8月22日(火)
視覚教室→大学病院神経外来→保健所

盆休みあけの視覚教室。
朝から なぜかバタバタして教室にギリギリにつきました。
レイナは 車の中でいつもは寝るのに寝ないで教室までいきました。

教室につくと すこしグズってしたけど、すぐボールプールに向かっていって嬉しそうに入りました。
他のお友達も久しぶりの教室で ドキドキワクワクしているのが伝わってきた。

今日もプールに入って ビーだまをペットボトルにいれて、いつもはプールの中でしゃがむこともなかったのに しゃがんで遊んだり 本当に水に慣れたって先生もおっしゃってました。


病院は 12時50分からの予約だったけど病院に着いたら13時半でした。
駐車場も混んでいてしかも 雨が少し降ったあとだった。
診察も 今日はすっごく混んでいたんだろうな〜という雰囲気の待合。
診察は14時からでした。 先生も「お待たせしました。」っていってくださったけど、『私、今来たところ。大丈夫やで〜』というと、先生も 少しほっとしてた。
多分、 「まだですか?」 『あと何番目ぐらいですか?』の 患者さんの声がおおかったんだろうな・・・
盆明けの診察は 先生も患者も心づもりしていても 予想以上だし・・・

で、まあ この2週間の報告をして てんかんの公費負担の申請用紙をもらって帰りました。
やはり この蒸し暑い日は発作が起きやすいというか 体調不良を訴える患者さんが多いそうです。
はやく 過ごしやすい気候になって欲しいなあ

病院の帰りに保健所にいき、てんかんの公費負担の申請用紙を提出し、お兄ちゃんを迎えにいったらもう、17時。
げえぇぇ・・・ 晩御飯、どうしよう・・・なにもかも冷凍庫の中・・・今から? 泣きそうや・・・
で、お父さんがお休みなので ちょっと甘えて(!?)外食しました。

帰ってから みんなでアイスを食べ、お風呂に入って 子供を寝かすつもりが・・・
家族そろって 熟睡。

2006年8月21日(月)
母子通園教室

久しぶりの 母子通園教室。
レイナは 朝、お兄ちゃんに 『かばん持って〜 行くよ〜』というと 自分の教室に行くときに使っているかばんを持とうと一生懸命 ヨイショっていいながらもっていた。
昨日の疲れが 二人とも残っているのか レイナは少しグズグズ、お兄ちゃんはダラダラ。
そんな私も イマイチエンジンがかからず・・・


教室につくと レイナは一目散に お部屋に入った。
いつも 先生がいろいろおもちゃを出しておいてくれるのだけれど、今日は 初めてみるおもちゃばかりでした。
特にレイナは アンパンマンの自動販売機のおもちゃが気に入ったらしく、おもちゃのお金をいれてボタンを押すとジュースが出てくるということが楽しいようで おもちゃのお金を入れようとするのだけれど 小さいお金に小さいコイン投入口が難しく イライラしながら何度もトライしていました。


プール遊びでは もう、プールにすんなり入って しゃがんだり歩いたりするようになりました。
先生も 「慣れたな〜 レイナちゃん!!」とやっと プール遊びらしくなってきて 先生に支えてもらいながら 少し水に浮いたり バタバタ水しぶきをあげたりして遊びました。

いつも レイナのおやつの時間にいろいろなことを話すのですが、今日は前回 発達テストの結果を聞いて今後のこと・・・というかんじで少し話しました。
発達テストの結果としては レイナの今の発育状態はだいたい1歳半ぐらい
来年 園に行くとするとやはり 加配の先生がつかないと 他のお友達がしていることを見たとしても おもしろくない。(ついていけない)
加配をつけてくれやすい園を探すとか 園の雰囲気を見学に行くことをどんどんしていこうということです。
で、来月 担当の先生が受け持っておられるほかのクラスのお母さんたちが 先生と一緒に見学に行かれる園があるので そのときは一緒に見学させてもらうことにしました。
見学か〜。 この地域は保育園が割りとあるほうなんですが・・・
正直 極端だしなぁ・・・ 園の雰囲気も 取り組みも。
いいうわさも 悪いうわさも。 うわさがないところは 8月は 自由登園とかで (上の子が夏休みだったら来なくていい)クラスのこどもが休みが多くなったり。(それって、どうなん?そんなん、保育園ちがうやん!!明らかに 働いてないお母さんが預けてるってこと?)
なんか そうおもうと お兄ちゃんのいっている園は 行事が多いけど 今日は○○をしますって1週間きっちり決められていて 親も子も 明日は○○やって〜って心づもりができるからいいのかも。(逆に夏とかプールも決めた日しか入らないのは かわいそうかも。)
でも レイナのように こういうときはこうしてくださいって先生に伝えることもしやすいかなって思う。 レイナに家で 先にこうするんだって伝えてやることもできるのかなって思うし・・・
うぅぅ〜・・・

今まで、お父さんに レイナの就園について 話したことがなく、もちろんお父さんから「どうする?」という問いかけもなく来ていて。
今日は どう思っているか聞いてみた。
お父さんは お兄ちゃんの行っている園に行かす事しか考えたことはないようでした。
お兄ちゃんの妹という認識もあり、一部の先生はレイナの今まであったことを知っておられるし そして レイナが付いていけるいけないでなく たくさんの取り組みをしていることがレイナにいろんなことを教えてやるきっかけになるから。

私も お兄ちゃんの行っている園がいいという気持ちは強い。

2006年8月20日(日)
地蔵盆

朝 9時45分から 読経ではじまりました。
でも、 うちの町内のお地蔵さんって レンタルなんです・・・
お寺から借りてるはずなんだけど、町内の公園に地蔵盆の日だけ お地蔵さんがこられる。
この学区は できて30年でまだ新しく 細かく町が区切られていて 一本道を挟むと違う町になったりっていうところで お地蔵さんがあまりないんです。


もう、こどもにはパラダイスの地蔵盆
10時におやつをもらって いろんなゲームで景品をもらって 12時にお昼ご飯に パンを貰い、輪投げなどさんざんあそんで15時にまた おやつ
最後にビンゴゲーム

お兄ちゃんは朝から ずーっとテンション高いまま夕方まで遊んでいました。

レイナは 10時のおやつをもらって、小袋のスナック菓子を無心で食べ、そのあと そのまま熟睡
みんなに 「さすがレイナちゃんやな〜 食べ終わったら寝たでぇ〜」と言われながら テントの中のゴザの上で 寝ました。
こんなことになるだろうと 小さい保冷剤をタオルにまいて持っていっていたので、首の下に置いて寝かせたら 気持ちいいのかぜんぜん起きない。
12時ごろ お兄ちゃんは近所のお母さんやお友達に任せて 一度家に帰りました。
寝ている間に 私は家の事を済ませ晩御飯の用意をしました。
14時ごろ 昼寝から目覚めたレイナ。 機嫌悪〜
そして、昼間にめずらしく ミオクロニー発作が何回かあって やっぱり 暑いのはしんどいよな・・・ しかも 天気がいいから眩しいし神経使うよな・・・
15時に また公園に行ったら 西日が最高にきつくて 日陰がなく レイナには最悪の条件
グズグズしたと思ったら ボーっとしてるし。 絶対コレも 発作かも。っていうボーっていうのがあった。


で、16時ごろ家に帰ったら 元気元気。
ビンゴゲームで貰った景品で遊んだり お兄ちゃんにくっついたり。
晩御飯も お兄ちゃんより食べた。

やっぱり、眩しい・暑い・ザワザワしているところは 無理。
苦痛でしかないし。 見えない・神経が過敏になる・体がしんどい。

さあ〜 明日から 本当に盆休み終わり。
レイナも 教室・病院の日々が始まる。
気合入れてがんばろ。

日記TOP   前のページ   次のページ