2006年9月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07 08 09

10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<<前のページ次のページ>>

2006年9月9日(土)
ハイ、交代!

今度は レイナが熱です。
朝、起きたらまず ビクッと発作。 なんか、ボーっとしてる。熱は37.4度。
何度か ビクッと続くので こら、熱上がるなぁ〜と思っていると 昼前には38.4度。
また、この上がりきらへん熱かいな〜。
食欲はまだ なんとかあるし 遊ぶ元気はあるけれど 体がうまく動かないかんじ。
胸のゴロゴロは 若干きつめ。
月曜日には 元気になって欲しい。

お兄ちゃんは もう、問題なく元気。 うっとおしいぐらい元気。(いいことなんやけど)

2006年9月8日(金)
なんやったんやろ?

昨日、少し熱のあったお兄ちゃんも元気。
おなかも気持ち悪くないようで、一日中『おなかすいた〜』と 連発。

でも、二人とも朝、起きたのは9時半。 レイナなんか13時間以上寝てる・・・
まだまだ お兄ちゃんも本調子じゃないし、レイナも少ししんどいのかも。
一日中 ゴロゴロ過ごして お昼寝もせず、レイナは20時に寝た。
お兄ちゃんは レイナが寝てからここぞとばかりに 遊びだす。
カブトムシの メスが一匹死んだので カブトムシを久しぶりに世話した。
で、そのガサガサで レイナが起きた〜  最悪・・・
こどもって チョロッと寝たら絶好調。
恐ろしい・・・
結局お兄ちゃんは レイナを起こすだけ起こして とっとと寝た。
レイナは 帰ってきたお父さんを見て絶好調。
23時まで起きていました。

2006年9月7日(木)
おにいちゃ〜ん・・・

何日か前から コンコン咳をしていたお兄ちゃん。
朝方『暑い!!扇風機つけて〜』 はい?? みんな若干 寒いんですけど???

朝 起きてきて『しんどい・・・頭痛い〜 気持ち悪い・・・』
確かに、顔色悪い。 水分だけ取ってもう一回寝た。 今日は保育園お休みしよう。
熱は37.3℃で そんなに高くないけど これから上がるのかな?って思い、しばらく寝かせておいた。
病院にいこうと 車に乗って10メートル走ったら、『ウブッ』っと言ったとおもい横を見たら・・・もどしてた。
ひえ〜ッ、家に戻り 綺麗に体をしてから病院へ。
先生にも「いつもの熱が高いときより、しんどそうやな〜」と。
お兄ちゃんは 結構高い熱でも元気で 先生に「ほんまにしんどいのか?」と 思われることも多々あるのに・・・
今日は 病院もすいていて 先生はレイナのことも少し気にしてくださった。
(この先生は レイナのいっている大学病院の出で、レイナの見てもらっている先生は大体知っておられる)
ほんとに、レイナは先生に恵まれている。そしてどの先生も 私のキャラを知っているので 何でも教えてくれるし、解りやすい(私には、理解しやすいように。他の人にしたら、それでいいのか?って感じかも!?)



今日は レイナは視覚教室だったけどお休み。
たった一日、でも残念。 レイナはお兄ちゃんが家にいるので 嬉しいみたい。
でも、『お兄ちゃん、お熱でしんどいからね。』って言うと 「へ?けーたん(お兄ちゃんのこと) ちーたい??(アイスノンのこと)」といって顔を覗き込む。
わかっているのかな〜って思ったら、寝転んでいるお兄ちゃんのおなかの上にドン!!
お兄ちゃんは さすがに泣きました

レイナは朝 起きたのは10時。昼寝をしなかったので お風呂からあがったらすぐ寝た。(20時)
このまま 朝まで寝てくれたらいいけど・・・たまに うっかりしていたら夜中に起きるし。

2006年9月6日(水)
ピアノ

昼から ピアノの修理が終わり、調律に来てもらう。

調律してもらっている間 レイナは賢く待っていて ピアノの音に体が反応するのか ジャンプしたりくるくる回ったりしていた。
調律師さんも お子さんがおられるそうなので ちょっと安心。バタバタうるさくてイヤってあんまり思わないだろうし。
『いっぱい弾いて下さいね。』と 何回もいわれた・・・
弾く気はあるんですが、楽譜が・・・指が・・・
ついでに 楽譜に書いてあるヘ音記号のドが何処か聞いた。ト音記号はわかるけど へ音記号なんて忘れたし。

レイナもお兄ちゃんも ピアノの音にワクワクして バンバン弾くというか 叩いていました。

本人たちが 弾くことよりまず、私が弾いてピアノの音に楽しんでもらわないと。
でも まず、楽譜を読むことから・・・

夜は またまた、お父さんの帰宅が意外と早く(21時) こどもを寝かしつけるつもりが22時には私が熟睡・・・
レイナはまだ起きていたらしく、お父さんにかなり 呆れられた。

2006年9月5日(火)
視覚教室

障害者自立支援法・・・そう、話題の。
その関係で この視覚教室や 昨日の通園施設の利用者負担額が大きく変わるにあたり 市の職員さんからの説明がありました。
ありがたいことに この市は 独自の軽減策があるのですが、でも、でも納得いかない!!
そんな 利用者の声を行政に届けられる日でした。
通園日じゃないお母さんも こられて説明をきかれたり 親の声をいっぱい訴えておられました。
もちろん、私も伝えなくてはいけないことがいっぱいあるし いっぱい言ってやる!!と 思っていたのに・・・
あまりにも 緊張といいたいことがいっぱいで 過呼吸のようになり 言葉がうまく出ず、泣いてるの??と思われるほど 声がでませんでした。(アカンたれやわ・・・わたし
もう 変わってしまうから仕方ない。国がそうだから・・・という行政。
市は 全国でも軽減策をしているのは3箇所のうちのひとつだ。とかなり満足そう・・・
そうじゃない、3箇所しかないから がんばろうよ!!他の市もがんばったら国も変わるかもしれんやん!!
正直、 足元みられてるとしかいえない。
施設を利用するから、こどものためだから お金いくらとっても 利用するっておもってるに違いない。
実際、どんなことでもするよ。でも、健康な人が利用しないからって違うやん!! 必要やしやん。
義務教育みたいなもんやのに。 わかってよ。

愚痴は終わり。

教室の後 最近 睡魔に襲われるレイナ。
今日も 帰りの先生からの報告のころには グズグズ・・・
帰りの車ですぐ寝て 結局4時間のお昼寝。
しかも、帰ってからは お父さんと共に・・・

なんで、こどもってお父さんと一緒やったら 昼寝 いっぱいするんやろ。
安心?ではないよな。 起きてても退屈って言うほうが多いかも。(近所の お母さんとも絶対そうやって〜と話したところ)

2006年9月4日(月)
母子通園教室

先週は 熱でお休みした、教室。
今日は 部屋で豆遊び(というのかな・・・)


金時豆を プールのようなところで ばら撒いて コップに入れたり 出したり、ペットボトルに出し仕入れ、カンの上に落として音を楽しんだりしました。
先生と 一緒に向き合って遊べるようになってきて 私がいないほうががんばるかも?っておもうほど 今まで母子通園教室では見せたことのないような頑張りでした。

先生も日に日にレイナが 出来ることが増えること 座って遊べること(今までは ウロウロしたり私にくっついたり)になったので 少し新しいチャレンジ!!

お片づけをした後 おやつをもらうのですが そのおやつのお皿とお茶を 先生と二人で 職員室の方まで取りにいきました。
そして ちゃんとお皿をいれたケースを レイナが お部屋まで持ってきました。
視覚教室より こっちの教室は回数が少ないのと、私と一緒にずっといるので 私と離れるとどうなるかが 先生も私もわからないけれど、お茶などを取りに行くときも お母さんは?という問いかけもなかったそうで もうこの教室も慣れたようです。

10月から なにかと話題の(私の中では かなり話題です) 障害者自立支援法の関係で レイナは併行通園(この教室以外に 保育園などに通われている子供たち)のクラスに仲間入りすることになりました。
なので、今日のレイナは10月に向けて 「アタチ、がんばる!!」といっているように思いました。

夜は またお父さんの帰る時間まで起きていたので テンションハイ!!
23時半ごろまで 起きていて・・・私は レイナとともに眠りました・・・

2006年9月3日(日)
涼しくなった

もう、日中も扇風機で過ごせるほど、涼しくなって 朝晩は 窓を開けていると寒いくらい。
でも、私は冬のほうが好きなので ワクワクしてきた。
ただ、レイナやお兄ちゃんは 風邪の季節が近づいているので イヤ。

朝から お兄ちゃんは隣のMちゃんと 窓越しに遊んでいて レイナも一緒に遊んでいるつもりでいました。
昨日の花火の疲れは??というぐらい元気なお兄ちゃん。
しっかり寝て疲れを取ったレイナ。
二人とも ノンストップで遊び続けていた。
私は・・・記憶のない時間が30分ほど・・・
寝てたみたい。 その間に 部屋から玄関まで 積み木やら 折り紙やら・・・すごいことに。
夕方は お兄ちゃんは Rくんと蝉取りに行きました。
これも、もう この夏最後。

レイナは晩御飯のとき、久しぶりに 結構きつめのミオクロニー発作。
三段階ぐらいに ガクガクガクって 汁椀持ちながらなっていて びっくりした。
レイナは 味噌汁を飲むことに必死で いつもは少し泣くのに 今日は何事もなかったように 味噌汁を一気に飲んでいた。

コレステロールの薬の量が 少し増えてから、レイナは薬を飲むのを嫌がる
コレステロールの薬は かなり水分を含むので 口の中でモソモソするから。
で、朝はヨーグルトを食べさせているから 一緒に飲ましていたけれど、夜もそうしないとすんなり飲んでくれなくなった。
別に 体に悪いものじゃないけれど、すんなり飲めたら ヨーグルトの分のカロリー取らなくて済むのに。
心臓の薬や喘息の薬は今までどおり 水で溶かして注射器でチューってしたら飲むんだけど・・・

まあ、 薬をちゃんと飲んでくれるだけいいか・・・

2006年9月2日(土)
お買い物

昼ごろから 買い物に行きました。

目的は 楽譜。
ピアノを今、直してもらっているけれど 水曜日には届く予定。
レイナもお兄ちゃんも 歌えるような(しかも 私が弾けるような)楽譜を買いに行きました。
いろいろあって、童謡とかのいっぱい入っているもの、保育士さんが使うようなもの、ディズニーのもの、ジブリのもの・・・
さんざんなやんで、ジブリの トトロの曲が入っているものにしました。
本屋さんで見てる限りでは、『これやったら、弾けるかも!』と 思っていたけれど、家に帰ってよくよく見ると
『ヤバイかも・・・ってかんじです。 でも、片手ずつ暇のあるときに練習しようと思う。(暇なんて ないけど・・・)

レイナとお兄ちゃんにも 1冊ずつ 本を買いました。
お兄ちゃんは 「やなぎむらシリーズ」の本、コレは 色鉛筆で書いてあるような絵で かわいいけれど 出てくるのは虫。 クモ、かたつむり、アリ、バッタ。何種類かあって お気に入りのシリーズです。
レイナは、視覚教室で 気に入っている、「たまごのあかちゃん」という本。
色もはっきりしていて見やすく、話も 言葉の繰り返しがリズミカルで楽しいようです。
二人とも 今日は本をずっと持っていました。

夜は 今年2回目、そしてこの夏最後の 近所の子供たちで花火。
ひとり増え、ふたり増え・・・と どこからともなく、誘ってなくても子供がでてくる。
これって いいなぁ・・・と思う。
で、男の子が多く 花火の後は 小6のお兄ちゃんから、年少さんまでが みんなでヨーイ、ドンッと ダッシュしてました。
「ホンマに 男の子多いな〜」といいながら 話していると、 『この間、○○さんが、男の子ばかりやと 戦争が始まるって、昔は言ったけどなあ・・・ってボソッといわはったわ〜』と・・・
戦争はやめて〜。そんなん、関係ないよな???
どんなことがあっても 戦争はアカン!!

花火をして、お風呂に入ってあがってきたら お父さんが帰ってきた。
お父さんもびっくり。 『みんな、起きてんのか〜』って 少し嬉しそう。
帰ってきたら いつも寝てるしね。
おかげで こどもたちは 興奮して 23時ごろ寝た・・・(と思う。 私の記憶がそこまでなので・・・)

2006年9月1日(金)
病院

あんまり 風邪の症状はひどくないけれど、耳鼻科と小児科に行く。

耳鼻科も久しぶりで、どうかな〜と思っていたけれど 大丈夫。
2、3ヶ月に一回 気が向いたらきてくださいってことでした。
10月には 大学病院で 聴力検査があるから 12月ぐらいにしようかな、次の受診は。

小児科は とりあえず、 大学の小児科のN先生に てんかんを発症したっていう手紙をもらっていたから それも渡しておこうと思っていきました。
(ちょうど、部長先生の外来の日だし
先生は 封筒を見るなり、「なんや、なんや」と 手紙を読んでいた。
『てんかん、でたよ〜。 次はなんの病気が でるんやろ。 10歳ぐらいからいっぱい出るっていうから しばらくはやめて欲しいわ〜』っていったら、
「レイナは次 おなかがでるんやな〜」と言ってた。 『もう 十分でてるやん・・・

「レイナはどんどん太ってんのに、 お母さん、痩せてきたな〜。 脂肪が移動してんのかぁ〜」
『そやねん、入院してたころから比べると 5キロ痩せたわ。』とか いろいろ話して、帰ってきた。

レイナは 帰り 熟睡してしまって、また 昼ごはんを食べずに夕方まで寝た。
おかげで 晩御飯はそんなに必死にならんでも・・・というぐらい食べた。
そして、 梨を今日は1/4個食べた。
りんごと梨は 食べる・・・ 果物ですけど・・・
歯ごたえがそこそこある 果物はたべるんかな???
バナナ・メロン・桃・みかん・キウィ・ぶどう・・・ たいがいの果物は 胃の中のモン、全部 だすんちゃうか??ってぐらい うえぇぇ〜ってするんやけど。

日記TOP   前のページ   次のページ