2007年10月
S  M  T  W  T  F  S
   01 02 03 04 05 06
07 08
09 10 11 12 13
14 15 16
17 18 19 20
21 22 23 24
25 26 27
28 29 30 3
1          

<<前のページ | 次のページ>>
2007年10月31日(水)
りんご

給食で くだものがでると かならず一口は食べるように なってきたのに 今日は りんごをたべなかったらしい。
保育園では 根気よく先生が 自分で食べるまでまってくれているが、視覚教室では 無理やり食べさせていることが多く りんごを包丁で先生と一緒に切ったりして楽しかったあとに 無理やりたべさせられたのが 影響しているみたい。
保育園の先生は 「りんごは 他のくだものより たくさん食べられていたのに 今日はまったくたべませんでした」と 言っておられた。

最近になって 「自分で」と よくいいながら お着替えをするようになった。
もともと 自分でなんでもしたがる方だったけれど、 保育園では先生に甘えたりして やってもらうことが多かったみたいですが 先生のお話もちゃんと聞いて 自分の用意も少しずつ 声をかけてもらいながら確実にできるようになってきたみたい。
家では まだまだ 取り掛かるまでにふざけて なかなかしないこともあるけれど 自分ですることが増えてきた。

2007年10月30日(火)
風邪気味

家族 みんな 風邪気味。

レイナは ゴロゴロいっているが 元気で すごしている。

保育園で カプラでお友達が遊んでいる様子を ジッと見ていたり お友達の真似をして積もうとしたりしているが まだまだ しっかりした積み木もちゃんとつめないレイナは カプラを上手に積み上げることができず お友達がしているものに おいたりしていた。

2007年10月29日(月)
保育園 → 視覚教室

視覚教室に行くため 13時前に 保育園にお迎えに行くと もう 給食を食べ終わって お着替えをしようとしているところでした。
今日は 機嫌よく給食も食べて きがえも できるとことは自分で着替えていました。

視覚教室に向かう車では 相変わらず 『どんぐりころころ どんぶりこ〜 お池にはまってちょうだいよ〜』と 絶好調に歌ってから すこし寝ました。
教室に着いたら やっぱり カブトムシの幼虫を 一生懸命見ようとして 用意をしないので 用意をしたら 見ようというと 用意をしました。

今日は 最近大好きな いろんな形の穴に 同じ形の積み木を入れるおもちゃと お絵かき、そして りんごを先生と一緒に切っていました。
りんごの観察をして いろんな角度からりんごをみたり においをかいだり。
その後 先生が皮を向く様子を じーっとみていたそうです。
お友達が 先生と一緒にりんごを切っている間も 一生懸命見ていて 自分の番になると 早く切りたいような感じで 包丁をひとりで持とうとしていたそうです。
切った後 自分でお皿に入れて みんなで いただきます!!
お友達が食べだすと レイナも手に持ち 口に運びましたが すこし噛んで やめてしまいました。
やっと 「りんごって 私が嫌いなヤツやん!」と 気づいたようです。
でも ちょっとは食べるのが どこでもお約束。
すこしだけ 無理やり口にいれると 食べていました。
その後は おかきとチーズをすごい勢いで食べていました。

2007年10月28日(日)
ライトハウス祭り

去年も 参加した ライトハウス祭り。

視覚教室のある 建物全体で お祭りがあり 行きました。
スーパーボールすくいをまず しました。
お兄ちゃんは 恐ろしいほど スーパーボールをすくっていましたが レイナは相変わらず 手でとろうとしていたので 一緒にがんばってすくいましたが ひとつだけでした。

焼きそば、チヂミ、フランクフルト、お寿司・・・いろんなものを買って 食べました。
食べた後は 視覚教室でレイナは お友達と遊んで、お兄ちゃんは 焼きそばの所へ。
焼きそばは 視覚教室の先生と 保護者が担当でしていました。
そこに お友達のお父さんが 一生懸命焼きそばを焼いておられて なぜか お兄ちゃんはそのお父さんが気に入ったらしく そしてお友達のお父さんも お兄ちゃんをとてもかわいがってくれていました。
(お互い 初めてあったんですが、なんか 通じるものがあったのかも)
こうやって レイナにどうしても手がかかると お兄ちゃんが寂しかったり 退屈だったりすることもあるが お兄ちゃんはいつも 誰かにかわいがってもらえる。
もちろん 逆もあって、レイナがかわいがってもらえると 私はおにいちゃんと一緒に行動できる。
土日、お父さんが仕事でなかなか いろんなところに 家族で行くことはないけれど 3人で行動していると いろんな人に助けてもらえて また いろんな出会いや つながりができて いいことも多いように思う。

15時からは 抽選会があり プログラムについている抽選券を入れておいたので 抽選にいきました。
いろんな景品が次々といろんな方に 当たっていました。
一番いいものは DVDプレイヤーでした。
視覚教室のお友達も 家族5人で来ていて4人 お菓子や商品券が当たったり 4人で来ていて3人当たったり。
うちは お兄ちゃんだけ 当たりました!!(私は 欲深いから 当たらないのかも・・・)
あたったものは チ○ンラーメン5食。
(一瞬 めちゃくちゃ 嬉しかったけど、よく考えたら・・・200円前後・・・)
お兄ちゃんは めちゃくちゃ喜んでいました。

帰りの車では レイナはぐずぐずで 寝るかと思っていましたが 寝なくて大変。
お兄ちゃんは 「また あのお兄ちゃん(お友達のお父さん)に会える?」と 言っていました。
去年も ライトハウス祭りで 仲良くしてもらった お姉ちゃんに また会える?って 聞いていたような・・・
お兄ちゃんには 「あのお兄ちゃんって・・・ おっちゃんやで〜」といいましたが、 「お兄ちゃん!」といっていました。
あの お兄ちゃん(おっちゃん)は きっと 来年も再来年も 会えます。

2007年10月27日(土)
お茶会

今日は 土曜日ですが 保育園に行きました。
しかも お弁当の日でした。
遠足の時は お弁当を手に持ちながらたべたりしないといけないので いろんなことを考えるが、保育園で 机の上で食べるので 今日は すこし レイナには難しいかもって思うようなかんじでもいいかなとおもって お弁当を詰めました。

今日は 年長組が お泊り保育で作ったお茶碗で お抹茶を 年少・年中組、そして 保護者を おもてなししてくれる日でした。
午前中に 年少・年中組さんは クラスのお友達と お抹茶をいただいたそうです。
レイナも ちゃんと飲んでいたそうです。 どうおもったんだろ〜。
お兄ちゃんが レイナの分のお茶を用意したのかなと思っていたら 違ったようです。
昼から 保護者がいただきました。

お兄ちゃんがちゃんと 『お菓子 どうぞ。 お茶どうぞ。 ごゆっくり』と 丁寧に 持って来てくれました。

お兄ちゃんの作ったお茶碗。 お抹茶のお茶碗の形でなく ご飯のお茶碗の形に 近かったけれど とても 上手にできていました。
帰ってきたら 『お茶碗、おうちに持って帰ってきたら お茶の粉 買ってくれる?』と 不安そうに聞きました。(買わないって いわれるとでも 思っていたのかも)
ちゃんと 買ってあげるお約束をしました。

2007年10月26日(金)
どんぐりころころ

よく 保育園で歌っている歌を 家で 歌うことが増えたレイナ。

大きな栗の木のしたで や どんぐりころころ。
そして リズムうちといって 歌を1、2、3で 手拍子しながら チューリップのうたを歌う。

今日は 機嫌もよく 本当によく歌ってた。
でも 良く聞くと・・・
♪ どんぐりころころ どんぶりこ〜 お池にはまって ちょうだいよ〜♪
・・・? お池にはまってちょうだいよ???
なんどきいても はまってちょうだいよでした

2007年10月25日(木)
視覚教室

最近、というか 夏からずっと レイナは カブトムシの幼虫にはまっている。
黒い土の中に 白い幼虫が見えやすいようで 『幼虫は?幼虫』と 暇さえあれば 玄関においてある幼虫を見たがる。
『一緒にいこう』 『幼虫 ねんね?』と いいながら ケースをがさがさ振ったり、蓋を開けて 底にいる幼虫をみせろという。

今朝は 視覚教室に行くため 靴を履こうとすると 『幼虫 見る』と ケースをもって離さない。
仕方なく 一緒に車もって行き 車の中でも 大事にケースを持って 『幼虫〜』といっていた。
途中で 寝たので 足元に隠しておいたので 教室に着いたときには 忘れていた。
が、 視覚教室の下駄箱の上にも 幼虫がいる。
また そこで 『幼虫〜』となり 朝のしたくもせず、そのまま 今日は みんなと公園にいったそうです。

公園につくと しばらくじーっと回りをみて お友達の様子も見てから 滑り台、ブランコの位置を確認し、遊んだそうです。
ブランコには 自分ですわり 先生に 『おして』といって ブランコをしたそうです。
帰りは お友達が 手をつなごうと レイナの手を触ると 「いや」と 手をのけたようですが、 お友達と先生に 手をつなごうと誘われると そ〜っと手を出して 手をつないで歩いて帰ってきたそうです。

教室に戻ってからは お絵かき。
お絵かきも お友達の様子をみて お友達が いっぱい書き出すところまで見てから レイナはお絵かきをしだして、結局 ジーっと見ている時間が長く、もう終わりになるころに いっぱい書き出したそうです。

帰る前に 先生から報告を受けていると レイナの姿が見えなくなり どこにいったのかなって思っていると、下駄箱で 所長先生と 幼虫をまた見ていました。
幼虫を見たら 止まらない・・・
先生も 『普段、あまり自分の気持ちをお話すること 少ないのに 幼虫見る、どこ?ねんねしてんの?って いっぱいお話するね〜』と レイナの幼虫好きにびっくりしておられました。
きっと レイナは 幼虫がいるということも どんなものなのかも 知っているって自信がかなりあるんだとおもう。
結局 午後から 教室に通っているお友達がそろって 療育を始められるころまで 幼虫を見ていました。

教室から帰ってからも レイナは 幼虫・・・
コレは もう 1ヶ月前からで いつかあきるだろうと思っていたが いっこうに飽きない。
カブトムシになるまで続くのか・・・
そろそろ飽きてくれないと ガサガサケースを動かしたら さなぎになってきたときに死んでしまうよ〜


日記TOP   前のページ   次のページ