日記TOP


2007年1月
S  M  T  W  T  F  S
   01 02 03 04 05 06
07
08 09 10 11 12 13
14 15
16 17 18 19 20
21 22
23 24 25 26 27
28 29 30 31
         

<<前のページ | 次のページ>>
2007年1月22日(月)
併行通園クラス

今日は 音楽遊び(リズム遊び) と体育遊び。
何度かするようになって、体育遊びは大胆な遊びもするようになってきたみたい。

天井から ちょうどサーカスの空中ブランコのような ぶら下がるものをつるしてもらって ぶら下がるということもしていた。
前回は 棒をギュッと握ることもコツがつかめず ふわ〜っと持っていたので 先生に体を支えてもらっても すぐ手を離してしまって あまり楽しいという感じはなかったみたいだけど、今回は お友達がしているのをジーッとみていて、 その後 足が着くか着かないかぐらいの高さの物にぶら下がって 少しギュッともつ事も 落ちていく感じも楽しかったようで お友達の後ろに並んで 順番をまったりしていた。

ぶら下がったことも もちろん嬉しかったけど レイナは知的発達が少し遅れている分、『順番』とか 『待つ』ということが 本来ならできる年齢でも まだ 自我のほうが強くて「私が〜、私の番」と なるのでは?と 思っていたけど ちゃんと順番を待つことが出来ていたことの方が嬉しかった。
まあ、家でも お兄ちゃんのことしてるから待って!ってなることもあるけど、家では まだまだ「わたしから!」となることが多い。
こういう集団の場所で お友達とのかかわりができるということ・・・ほんとうに嬉しい。

夜は またまた私の歯の消毒に20時行かないと行けなくて・・・
17時半にご飯を食べ、18時半にお風呂に入り、服を着せて 歯医者に連れて行きました。
一番最後の時間にしてもらったので 受付の人が 二人を上手に遊んでくださったのでなんとか 無事 歯医者も終りました。
とうとう 明日 歯を抜きます

2007年1月21日(日)
昼寝なし

日曜日は どうしても 私がだらだらしてしまう。
教室に行ったり お迎えに行ったりと 時間に追われない分、のんびりしてしまって・・・

レイナは お兄ちゃんがいるので お兄ちゃんがすることをまねしたり 一緒に遊ぼうと 言っているのか、普段1人なら出してこない ブロックを出してきて 部屋中に撒き散らす。
撒き散らしたブロックに反応して お兄ちゃんが遊びだす。
レイナは 一緒にしているつもりが 邪魔をする→喧嘩になる・・・
二人とも面白くない→違うおもちゃをだす→同じことが起きる。

私は・・・眠たくなる。

結局 みんな昼寝もせずに 一日家で 遊んでいたけど 体をそんなに動かしていないから 眠くならずで 21時に二人とも寝ました。

2007年1月20日(土)
ばあば

ぐじゅぐじゅの歯を 今日も消毒してもらうため 13時に歯医者に行くことになって、 お兄ちゃんの保育園は14時のお迎えなので 間に合わないといけないので お休みしました。
歯医者さんには 子供連れてきてもいいよと 言ってもらえていたので どうにかしていこうかな〜と 思っていたけれど 私の方のばあばが 来てくれました。

消毒だけだったので 意外と早く済みました。
ばあばは 早めに帰りたかったのだけど、私がついついレイナと一緒に寝てしまって 夕方までお兄ちゃんと かるたで遊んでくれたようです。
歯の痛みはもう取れたけど 月曜日も夜に 消毒に行く。
この日はさすがに 二人連れて行くしかない・・・
賢くしてっていっても 体が勝手に動く年齢・・・
どうなるかしら〜。

2007年1月19日(金)
耳鼻科 小児科

一時保育の予定だったけど キャンセルして 日赤へ。

鼻もすごいし 滲出性中耳炎がどうか見てもらいに。

今日の耳鼻科はわりとすいていた。
先生は 「お〜、久しぶりやなぁ」と言った後 レイナの大量の鼻水にびっくりしていた。
言葉が まだ 二語文がでないのが少し気になるようだった。 でも 知的に少し遅れてるし〜と わたしは気にしていなかったけど 「そろそろABRしたほうがいいんちゃうか〜」と言っていた。
こんど、 大学の小児科で、脳波をとる予定があれば 一緒にしてもらおう。
もしくは 大学の耳鼻科で ABRするなら 脳波も一緒にしてもらお〜。
耳鼻科は 今度4月。

そのあと 小児科へ。(小慢の継続の用紙を書いてもらうため)
別に受診しても レイナは 出してもらうお薬がない。しかも 熱ももちろんない。
毎日 朝晩 痰をきる薬も 気管支拡張のお薬も出してもらっている。 鼻水が出ていても 抗ヒスタミン剤は飲めないし・・・
って 解ってるけど 行った。 だって 部長先生の外来の日だし。

ここでもまた「おぉ〜 レイナ。久しぶり。最近 こうへんなぁ〜っていってたんや」
もちろん、(一応??) 聴診器で 胸の音聞いてもらって おなか触ってもらって・・・
年末に 愛知で 網膜色素変性症って 診断してもらったことや、いろんなことを ひたすらしゃべって帰ってきました。
この部長先生は 代謝が専門で 「糖尿が出たら 私が責任もって診させていただきます(笑)」と いってくれたけど、
わたしは 「それまで もつの〜(医者してる??)」と いったら へへって笑っていた。

どうか レイナが 糖尿がでるまで お医者さんでいてください。
レイナが 糖尿になりませんようにって お願いするより 可能性が 高いから。


昼からは 私の妹に来てもらいました。
来週、抜歯する予定の歯が 痛くて痛くて・・・
夕方に行かないと行けなくなったから。 レイナとお兄ちゃんを見ててもらうために。

わたしはどうも 痛みに鈍感なのか 強いみたいで 先生が呆れながら 「相当 痛いでしょ〜」と 言っていた。
確かに わたしは 痛みに鈍いところがあるみたい・・・
でもさすがに 今回は痛み止めを飲んだ。

2007年1月18日(木)
視覚教室

朝、颯ママを駅まで送り そのまま 教室に向かいました。

レイナは なぜか 今日は車の中で グズグズでした。
鼻水は ダーダー出るから 拭いてやりたいけど 運転もしないといけないし・・・で、私が泣きたかった〜。

家では お集まりですること(歌や手遊び、リトミック パラバルーン)を ずーっとしているのに 教室では じっと見ているだけのレイナ。
でも しっかり吸収しているから すごい。

今日はお絵かきと シール貼り。
シールは 紙に黒丸(●)が ひとつ書いてあるところにシールを貼るっていう作業。
A4サイズの紙のど真ん中に ●があっても あんまり解らないみたい。
●の大きさが同じでも 紙の大きさが小さいと 見えるみたいで ●をしっかり見てシールを貼る。
余白の白い部分が多いと やはり眩しさで 消えて見えてしまうのかも
紙を小さくすると 下に黒いラバーシートがあるからより 見る範囲が 解りやすいみたい。

お母さんグループの話では 保育園・幼稚園での お正月あそびにどのように参加しているか・・・でした。
こま回し 凧揚げ すごろく・・・どれも 見るって事が弱い子供たちはとても理解するのが難しい。 こまが回るって言うことをとらえにくい。
それをどのように理解させるか、園がどのように対応しているかを それぞれ 話しました。
すごろくは 特に さいころを振って こまをうごかしてゴールするっていう 成り立ちが理解できにくいし、どのようにこまを進ませているかとかも わかりにくいそうで、お友達も 「さいころやルーレットを回すことぐらいしかしてないから 家に帰って何した?ってきいても リアクションがイマイチだった・・・」と お母さんは言っていた。
こまも 回っている音が聞えていてもどう回っているのか・・・触ってしまえばこまが止まるから 触って理解するってことも 難しい
でも お友達は 上手に 指の力を抜いていたから 回っているこまを触れたそうで 「こちょばいな〜」といっていたそうです。

先生の話では すごろくなどは 人間すごろく(自分がこまになる)と すごろくの成り立ちがわかりやすいとおっしゃってました。
でも スペースやいろいろな理由があるから なかなか難しいだろうな〜。

福笑いも 目や眉毛など置いても 手で触るとずれてしまうから 缶などに マグネットで 顔のパーツを作ってすると 少しは楽しめるっていっておられました。


レイナは お帰りのお歌の前に寝てしまっていました。

2007年1月17日(水)
一時保育
昨日から鼻水が出ているレイナ。
しかも 結構汚くて どろどろで 顎まで はなが届いてもくっついている

一時保育をどうしようか迷ったけど とりあえず 行かせてみようと思って 行かせた。
今日は 鬼のお面の製作で、色画用紙を貰って帰ってきた。

はじめ 『なんや?コレ??』と思ってみていたけど どうも大きいオレンジの色画用紙は 鬼の顔で 黄色の三角は鬼の角のよう。

もちろん レイナは 一時保育なので 先生も用意はしてくれるけど やり遂げるってことが目的にはならないので バラバラで持って帰ってきました。
角の部分の黒いのは ビニールテープがきってあったものを貼ったようで 先生がシールの端をもって レイナに渡すとすぐに 張っていたようです。
でも・・・レイナは 鬼なんて 見たことないよ〜・・・
一時保育だから こうやって お友達と同じようにしてもらえるだけでも 嬉しい。
でも こういう製作をするときは 見本をひとつ 常にレイナの横に置いてもらって 見ながら、先生に これは○○だねなど 声をかけてもらわないとできないってことが解った。

運動遊びでは 初めはイヤって言っていたそうですが 跳び箱からのジャンプも回数を増すごとに 自分から跳び箱へ行ってジャンプをしたようです。



そして今日は 急遽 颯ママが家へ来ることに (もちろん お泊り)
なんかあったのかな〜なんて思っていたけど・・・ やっぱりいろいろ考えることがあったみたい。

でも いつもと同じようにいーっぱい話して笑って 過ごしました。
今日は お兄ちゃんが 颯ママと一緒にお風呂に入ったりと もう子供たちも 当たり前のように 過ごしました。

そして まりもっこりを 貰いました。

もっこりを引っ張ると ブルブル震える・・・
レイナは最初 すっごく嫌がっていたけど 引っ張ったら ブルブルなるのにはまったらしく、ケラケラ笑っていました。
お兄ちゃんと二人で取り合いしながら もっこりを引っ張って・・・

颯ママはコレをいくつも買ったらしく 「レジに並ぶとき この人おかしいんちゃうかって 思われてたかも〜」と 言いながら爆笑してましたが そんな姿の自分も大好きだし、みんなに渡した時の みんなの笑顔が見たくて買ったんだろうと思うと 颯ママを またまた好きになりました。

日記TOP   前のページ   次のページ