日記TOP

2007年3月
S  M  T  W  T  F  S
            01 02 03
04 05 06 07 08 09 10

11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前のページ | 次のページ>>
2007年3月31日(土)
金魚が〜

朝から お弁当箱を見に 違う市の 子育て支援センターみたいなところにいってきた。

そこに こどもちゃ○んじ(しまじろうのヤツ)の 通販で扱っている商品が 実際においてあって 購入もできるようなのでとりあえず 見に行こうと思いました。
わりと しまじろうの商品は ユニバーサルデザインというか どんな子供でも 使いやすいように作られているので もしかしたら レイナでもできるかも?と期待して。

けっこう小さなスペースに だったけど 子供が実際に こどもちゃ○んじの本や おもちゃが遊べるようにもなっていた。
お弁当箱は アルミのタイプでした。
でも、アルミが一般的なアルミのお弁当箱より分厚くて 蓋にゴムパッキンがついていて、汁もれがしにくいようになっていて 少し市販のものより大きいように思いました。
レイナに開け閉めさせようとすると 「コレ」と 持ってあるきだした。(今まで お弁当箱をいろいろ見ていてもそうだったけど
ん〜。アルミか・・・ 眩しいかな・・・と 思ったけれど、とりあえず 蓋が自分でできるほうがいいから 買うことにしました。
眩しくて お弁当が食べづらいとわかれば また 考えよう

水筒も あった。
でも 高い!! ストロータイプにも コップタイプにもできるように 蓋?が2種類あるからか???
一般的な ストロータイプの水筒より 小さいのに 内容量はそんなに変わらないようで、ちょっと魅力的〜っと思った。
で、レイナに ストローの蓋を開ける ボタンを押させてみた。
でも 開けられなかった。 やる気がないのか 硬いのか。
ボタンのところは 少し押しやすいように工夫はしてあるけれど 開けるのは硬いように思った。
ん〜・・・ すぐ水筒は要らないから やめようか・・・
買って練習さすか・・・(でも できなかったら?
結構 悩んだ。
で、買ってしまった・・・
開けやすいとかでなく、多分 この水筒を持っている人がいないだろうと思って。
(だって、本当に高いから・・・ 一般的なストロータイプの水筒の倍に近い値段・・・)
保育園で使うものに この値段は・・・と 母親なら思う金額なので レイナの水筒とわかりやすいだろう。という 最終は 適当な決め方をした。

で、このしまじろうの通販の商品には 鉛筆とかクレヨンとかもあって、鉛筆は太い三角の手が小さく力の弱い子でも書けるタイプがあった。(色鉛筆も)
クレヨンは がんばって私は 紙を一色づつ その色の折り紙で巻きなおしたけど、ココのクレヨンは 紙がちゃんと同じ色だったから 色がはじめからわかりやすくなっていた。
でも コレは家で使うのにはいいけど、園では やはり キャラクターが少し目立つので あんまりかも。
(あまり そういうことに こだわらないのであれば いいと思う)

レイナには 鉛筆は 公文の鉛筆にした。しかも 濃い濃い6B。
絵が描いていないのも ポイントでした。

買い物が終わったあと この子育て支援センターみたいなところで、室内で 滑り台や木のおもちゃで 無料で遊べるところがあったので 少し遊びました。
少し小さなアスレチック(?? 滑り台とつり橋があったり、一本橋とかもあった)で遊びました。
どちらかというと 3歳ぐらいまでのこどもが 遊ぶのにちょうどいいかんじで、お兄ちゃんぐらいになると 動きが激しい分 周りの子供さんに気を使う・・・
室内で いろいろと区切られていて ハイハイの赤ちゃんスペース、本のスペース、砂場のスペースなどきっちりわかれていて、何名かの先生(?保育師さんかな?)も おられるので マナーの悪い子供、もちろんたまにいるマナーの悪い親も注意されていたので とてもきれいでした。
(もちろん 飲食禁止で、お茶を飲むだけでも ちゃんと 専用のお部屋に行かないといけないし、手作りのお弁当であれば そのお茶のスペースで食べられるけれど 買ったものは 違うところで食べないといけないと かなり 親子で楽しむスペースとして 管理されていました。)



つり橋も 少しへっぴり腰になりながら行きました









滑り台を下りたところにいっぱいある 丸いのは 全部 木でできていた。 お兄ちゃんが 手で触っているところに 木の丸い玉を転がすと 所どころ 落ちるようにへっこんでいて 小さい子も すごく楽しんでいました。 



帰宅後 ふと 金魚の水槽をみたら・・・
卵 産んでる〜

でも、金魚のオスとかメスとか見分けつかないし、2匹いる金魚ともメスだったら 卵は孵らないし・・・
もしかして、もしかすると ちゃんとオスメス1匹ずつで 孵るかもしれないし・・・と 思い出したら、いてもたってもいられなくて とにかく 卵を別に分けないと 食べてしまうかもしれないから ホームセンターへ 水槽を買いに行きました。
しかも、卵を産んだけど 水草をいれていなかったので 水槽の底に卵がいっぱい落ちていたので 水草も・・・
で、やっぱりオスが いないといけないので 金魚も 一か八かで3匹買いました。
(えらい出費・・・この金のかかるときに・・・と 思ったけど なぜか買ってしまった・・・ 金魚ぐらいと一瞬思ったけど)

水槽を買って帰ってくると 卵が オレンジの透明のままの卵と 少し中心が 白っぽくなっているのとあって、しかしたら うまく孵るかも!!
(じゃあ、金魚は 買わなくてよかったんちゃうん???
金魚って 何日ぐらいで 孵化するんやろ・・・
町内のお祭りの 金魚すくいの金魚・・・
我が家だけじゃないやろうか、こんなに金がかかるの。

夜は 最終の入園準備、カバンと補助バッグ(レッスンバッグ)を解りやすく いろいろ縫い付けました。
(写真は 美・食・住に載せています)

2007年3月30日(金)
掃除

レイナとおにいちゃんの着れなくなった 冬の服や お兄ちゃんが 保育園で書いた絵などを 片付けたり・・・
その横で 子供たちがもう遊ばなくなった おもちゃを袋に入れて片付けていたのを見つけられ、また 遊ぶ!!と 引っ張りだされた・・・
は〜・・・ さっさと 処分しておくべきだったぁ

夜は レイナの制服のブレザーの袖の長さをつめた。
最近、ちまちまと 細かい作業が多いので 肩こりが・・・
お灸をして少しスッキリ!!

昼間 お兄ちゃんが 近所のお友達と遊びに 外へ出ると レイナも 『ジャンバー、きる』と 外へ行きたがる。
特に 公園にいったりするわけでもなく、お兄ちゃんたちが遊んでいるそばで レイナは歩いたり ボールを投げたりしているだけで楽しいみたい。

この間まで N○Kでしていた 「あいのて」という番組が レイナは好きで よく見ていた。
いろんな音を楽しむという番組で 身近にあるもので音を出したり リズムをとったりする番組でした。
(私は その中で ワニバレエが好きだった)
近所のおうちの石を 拾って 石と石をぶつけて 音を楽しんでいた。
番組のまねをして、「あいのてさ〜ん、またね」と いいながら石をカチカチしていた。

2007年3月29日(木)
マイペース

お兄ちゃんが休みだと レイナが べったりじゃないから 少し楽だったり、ややこしい喧嘩をして 余計に手がかかったり・・・
なにより レイナがお昼寝をしないので 次の日の朝、起きてくるのが遅くなる。

今日は 昼前に お兄ちゃんを散髪に連れて行った。
レイナは 賢くまっていたけれど、お兄ちゃんが 最近 じっとしなくなってきた。
小さいころ 初めて散髪をしたときから 上手にしていて おじちゃんにほめてもらっていたのに、『最近は かしこくないな〜』と いわれるほど・・・

今お兄ちゃんは じっとできない時期らしい。本人が言うには 体が勝手に動くらしい。

今日もレイナは お昼寝をしなかった・・・
でも 21時まで起きていたから 明日ものんびり寝るんやろうな・・・

2007年3月28日(水)
春休み

今日から 1日まで 春休み。
長いな〜。 保育園だから 幼稚園や学校に比べたら とんでもなく短いのだけれど。
しかし、長い・・・

今日はとってもいいお天気で お兄ちゃんがいるから レイナもわりと 賢く遊んでいる間に これでもか〜!!と洗濯した。
で、干すところがなくなって 後悔・・・(加減すればいいのに、アホやわ。私)

昼からは 庭の草むしりを 少しして ちょっと早いかな?と おもったけれど、ひまわりの種を植えた。

弱視のこどもの特徴として 自然のもの、花・虫など 細かいものや 風景に溶け込むものに 興味をもちにくいということが多いらしく、いつも 花は 植えるようにはしているけれど、やっぱり お兄ちゃんの小さいころとくらべると レイナは興味をもっていない。
これから 暖かくなることだし、毎朝 水やりを レイナとおにいちゃんにさせて、少しでも いろいろ感じられたらいいな。と思っている。

今晩は、レイナの制服のブラウスの袖と丈を直した。
おデブのレイナ・・・身長は93センチぐらいなんだけど、 おなかや胸まわりは 120のサイズのものがぴったり。
ブラウスの袖は まあ、どんな子でも 大きめサイズを買えば直さないといけないかもしれないけど、 レイナは ブラウスの裾が スカートの下から でた!!
裾まで 直さないといけない。
3年通うと思えば もっと大きなサイズを買うべきだっただろうけど、 お兄ちゃんが 130のブラウスを着ているので(サイズがひとつしかかわらないなんて〜) とりあえず、ぴったりサイズをかった。

で、こういうところって、ミシンでダーって縫っていいの?アカンの?と 考えた・・・
結局 手でまつった・・・疲れた。
ミシンですればよかった。

2007年3月27日(火)
・・・。

お兄ちゃんは 今日まで 保育園。

お父さん、お休み。レイナ、なんにもない。私も家にいる・・・
なんかわからんけど、時間がなかなか過ぎない。

レイナは 朝から お父さんが家にいることが 不思議なようでした。
火曜日が休みのお父さん、レイナは今まで 視覚教室に火曜日は行っていたので 昼間に会うことがなかった。
私も お父さんが家にいると な〜んか、なんかね・・・

昼から 買い物に行きました。

買いたいものは お弁当箱と水筒。
もちろん、レイナの。
それが また、やっぱり選べない。
よくある プラスチックの左右をパチンってとめるお弁当箱とかだと ぜったい レイナは自分でできない。
でも、こぼしたりはしないかも。
アルミのお弁当箱なら ふたの開け閉めは 何とかできるかもしれない。
でも 持つときに しっかり持たないで持ち上げて ひっくり返すとか考えられる。
アルミ製だけに、眩しい。
タッパータイプなんて ぜったいに開け閉めは自分でできないと思う。
どうしよう・・・と 結構前から悩んでいる。
買ってしまって 練習させたら できるんだろうけど、どうしよう。

水筒も 絶対コップに移し変えるタイプは無理。
ストロータイプにするつもりだけど、 ふたを開けるときに ポチッと押すところが どんなタイプも小さくて 押しにくそう・・・
も〜。どうしたらいいの!!

いろいろ見て 結局 もう少し考える・・・と かわずに帰ってきた。


夜は レイナのお道具箱とかに 名前と目印とをつけた。

視覚教室とかだと どんな目印をつけても ”自分のもの”ということで 解りやすく いいんだけど、保育園となると また、お友達との関係でややこしい。

私もつけたい!とか レイナちゃんだけずるい〜とか 取り合い・もらう・あげる・・・などの 軽い揉め事がおきやすい。
実際 お兄ちゃんのクラスとかでも 「保育園のカバンに キーホルダーはつけていけない」ってことになっていても つけていたり、シールが貼ってあったりする。
すると 僕もつけたいとか 欲しいとかいろいろあって、 「お友達がくれた」といっていても お友達は「見せてあげただけやのに とられた〜」という揉め事が しょっちゅうあるらしい。
(というか 親も一応 禁止されてることを許すなよ!!と思う・・・)

だから レイナは仕方ないと、先生や親は わかっても 子供は わかったようなわからんようなって 感じで、レイナの目印が お友達に影響してはいけないって思いもあって・・・
本当は かわいい目印をつけてあげたいけれど、そういうわけにもいなかいし。
お道具も 保育園の指定のものにしないという方法も もちろんあったけど、それもまた ややこしくなってもいけないとおもって 指定の物を買った。

とりあえず 今日は クレヨン。
クレヨンに巻いてある紙を 全部はがして クレヨンと同じ色の折り紙をまいて 色がわかりやすいようにした。
地味に 疲れた。
でも 明らかに 色がわかりやすく 見やすい。

のりのキャップにも 赤いビニールテープを貼り付けた。
カバン・・・
できるだけ 派手にならず、でもレイナが 自分のものだとわかるようにする。
すごく難しい。
持ち手にリボンをつけた。
チャックが わかりにくい。キーホルダーをつけてそれを引っ張って 開け閉めさせるわけにはいかないし。
チャックは 直前まで考えるつもり。

あ〜。まだ いっぱいすることあるよぉぉ

2007年3月26日(月)
用品販売

いいお天気〜。

朝から チャイルドシートが もうレイナにはきつくなったのと、私の妹が こんど 出産なので 車からチャイルドシートをはずして、きれいに洗いました。
なんやかんやと お菓子やら、お茶のシミとかで 汚かった。

レイナは この間 誕生日にプレゼントした おもちゃで遊んだり ごそごそしていると思ったら 自分で靴を履こうとして 履けず、イライラして怒り出したら 30分泣きつづけた。
そんなに泣かなくても・・・とはじめは 思っていたけどさすがに最後は イライラしてきた・・・

昼14時からは 保育園の用品販売でした。
やっと お道具とかが そろう。
とうとう 準備をしなくてはいけない・・・

今日からしばらく 名前かきと 針と糸で チクチク・・・
1週間しかないのって、つらいわ・・・
他のお友達には充分な日にちだけど。

レイナは 帽子や カバンをみて 『レイナのやで』というと うれしそうに カバンを背負ったり 帽子をかぶったり。
今まで お兄ちゃんのカバンを勝手にさわって 怒られていただけにかなり うれしそうでした。

2007年3月25日(日)
視覚教室 卒園式・終業式

本当は 用事があって いけそうにない・・・と 思っていたけど 急遽 参加できることになった、終業式。

毎度のこと、お兄ちゃんとレイナと行きました。
終業式では 全員に写真立て(といっても 先生の手作りのもので 曜日ごとのお友達と一緒にとった集合写真が貼ってあるもの)をいただきました。
何人か 皆勤賞のお友達もいて、お友達もがんばったけど お母さんもがんばったよな〜と改めて 体調を子供はくずしやすいのに 毎回出席した お友達家族を 尊敬!!

今年 卒園されるかたで、一番長く 教室に通われたかたで、5年6ヶ月といっておられたので、お母さんも 1歳前から週に何度も来る 教室と別れる・・・と思うと寂しいだろうな〜と こっちまで 泣きそうになりました。

式が 終わった後は いつもの教室で会食。
クリスマス会の時のように おにぎり サンドイッチ、から揚げ、シチュー・・・たくさん ご馳走がでました。
もちろん、うちの子供(私も)たっぷりたべて おなかいっぱいに なりました。

そして 思いがけないお別れが・・・

レイナの大好きな ボランティアから アルバイトの先生になられた方が この日で お別れということを 初めて聞かされました。
レイナは その話の内容は まったくわからないはずなのに、その先生が お別れの挨拶をされた後、ずーっとべったり抱っこしてもらって ぜんぜん離れませんでした。
そして 私も その先生が 本当に 子供がすきで レイナのこともかわいがってくれているのが わかっていたので とっても悲しくて・・・

先生も いろいろ考えて 新しい道に進まれることになるので 笑顔でいなくちゃと 思う反面、寂しい〜といってしまいました。
先生、がんばってね。
また 会いましょうね。


終わったのが14時ごろで そのあと 私は どうしても この間から 食べたかった 「あぶり餅」を買いに行きました。
視覚教室の近くの神社の横に お店があって いつでも行けるって 思いながら なかなかいけなかった。
今日は お兄ちゃんにも 「食べる?」と 聞くと 『食べる〜』というので 買ってかえりました。
レイナも モリモリ食べました。


日記TOP   前のページ   次のページ