日記TOP

2007年7月
S  M  T  W  T  F  S
01 02 03 04 05 06 07
08
09 10 11 12 13 14
15 16
17 18 19 20 21
22 23
24 25 26 27 28
29 30 31
            

<<前のページ | 次のページ>>
2007年7月23日(月)
保育園 → 視覚教室

保育園に 久しぶりに行くレイナ。

担任の先生の声を聞いて すぐ先生にだっこしてもらう。
テンションも高く お外遊びも楽しんでいたみたいです。

昼からの視覚教室も 行きの車で 寝ることもなく ずっと歌をうたいながら行きました。
今日は いつも一緒に療育を受けている Eちゃんがお休みで 一人でした。
でも レイナは先生に 「Eちゃん 今日いないね」といわれても 「???」というかんじで 別にきにならないみたいでした。
おにいちゃんが家にいなくて お泊りにいってもそうだし・・・
今、ココにいた人がいなくなったり いなかった人が来たりすると すこしは気になるのに はじめからいないと あんまりまだ レイナはそのことがどういうことなのか 疑問にも思わないみたい。

今日の取り組みは お絵かき、絵カードなど。
絵カードも 果物のものや 動物のものなどいろんなタイプを見ていたそうですが 絵本によくでてくる りんご、バナナ、動物なら ぞうぐらいは答えたらしいが 他はあまりわからなかったみたいです。
野菜なども 家でも持たせたり見たりしていても まだ 名前とモノの一致がそれほどできていないみたい。
ん〜 見ること さわること、どちらも苦手というのは 本当に難しい。

2007年7月22日(日)
朝から晩まで

お兄ちゃんがいない間 レイナと まったりと過ごした。

今日は一日パンツで過ごさせようと パンツを履かせていても やはり まったくトイレに誘っても行かないし 気がつけば オシッコがでていて びっくりして ビチョビチョのまま部屋中を歩き回る。

夕方から 学区の夏祭り。
子供たちは 今年は お留守番。
連れて行きたかったけれど 私が 少年補導の役員でお手伝いをしないといけなかったのと 前売り券が売り切れてなかったので。
来年は ちゃんと連れて行ってやろう。

明日から やっと 元気に保育園に行けるレイナ。
9日間も家にいたから どうなることか・・・
私もやっと アレも コレもと いろいろできる。

2007年7月21日(土)
お泊り

朝から お兄ちゃんを散髪に連れて行く。

お兄ちゃんは 散髪に行くとき 必ず手紙を書いていく。
散髪屋のおじちゃんとおばちゃんに。
そして 毎回 カブトムシとかクワガタの絵。
好きな虫を書くくせに 家のカブトムシの世話はまったくしない。

レイナは お兄ちゃんの散髪の間 いつも賢くまっている。
レイナも髪をすこし揃えてもいいのだけれど、もう少し のばしてからにしようと思う。

夕方から いつものようにRくんとあそぶ。
Rくんと他のお兄ちゃんとたちが キャッチボールをしていると 「僕はしない」と帰ってきた。
お兄ちゃんは どちらかというと 細かい遊びが好きみたい。

道路にチョークで絵を描いたり ケンケンパをした。
レイナも チョークで絵を描いていて 「トンネルかいてんねん」といった。
今までお絵かきしても 意味づけはしていなかったので その絵が ぐちゃぐちゃでも 自分はトンネルを描いたというようなことをいったのは初めてで すこし成長。

お兄ちゃんは そのまま Rくんのおうちにお泊りにいった。
この間は 外でRくんと遊んでいて 疲れたといって 勝手にRくんの家に帰って テレビの前でゴロンとしていたらしい・・・
自分の家に帰ってこいよ〜。

レイナは お兄ちゃんがいないと おとなしく 一人でお気に入りの人形と遊んでいる。

2007年7月20日(金)
日赤

お兄ちゃんは 熱も下がり 保育園へ。
レイナは 水疱瘡の 治癒証明をもらいに 日赤へ。

病院は 結構混んでいて 点滴をしている子供が多かった。
夏風邪が流行っているみたい。

治癒証明をもらって 家に帰り ダラダラとすごす。
月初めから なんやかんやと 二人が家にいて 私もいつより家で過ごすことが多く 一気に2キロも太ってしまった。

雨が続き 体調もあんまりよくなかったお兄ちゃんは 「イライラする〜」と 何をしてもいらいらするらしい。
室内で遊ぶしかないから 折り紙や絵を書いていて うまくいかないとまた イライラするらしい。
そのイライラをみて わたしがイライラ・・・
早く梅雨明けしてほしい。

2007年7月19日(木)
大学病院 小児内科

朝は 二人とも10時まで寝ていた。

ゆっくり寝かせてあげたいところなんだけれど、 水疱瘡の薬は 一日4回。
4時間ごとに飲ませないといけない。(夜 寝てしまうから)
もう 10時の時点で 4回は飲ませられへんね・・・
子供に飲ませることを考えたら 1日4回の薬って どうかとおもうわ・・・
なんとかならないのか???

10時に朝ごはん・・・おなかがすいているわけでもないが、ちゃんと12時に昼ごはんをたべ、13時に 家を出て病院に向かった。
いつもはエレベーターで 外来の受付まで行くけれど 階段でできるだけ いろんな人との接触を防ぐようにして外来受付で 「水疱瘡です」と いうと バタバタと受付の人も動き出し 部屋を用意してくれた。

先生も にこっと笑いながら 「レイナちゃん、水疱瘡ってか?」と。
『いつもお騒がせしております。レイナです』と ごあいさつ。
今日は 心電図、心エコーの予定でしたが 検査のために 病院内をうろうろすることも いけないので 検査もなし。
薬だけ出してもらって帰ってきました。

お兄ちゃんは なぜか 「イライラするねん」と 朝から ずーっといっていた。
原因は 『元気だから』
やっぱり 男の子は 体を動かして 体力を発散しないとイライラするみたい。
夕方 Rくんと遊んで 近所のお兄ちゃんと キャッチボールをして 汗をかいたら イライラもすこしおさまったみたい。

レイナは 昼寝をしていないから 7時ぐらいには 眠気がきて 「しんどい、かゆい」と ブツブツいいだし、普段は お風呂に入るのも ふざけて なかなか入らないのに今日はすっと入ってくれた。

明日、日赤に行って 治癒証明をかいてもらおう。
お兄ちゃんは とっとと 保育園に行って 疲れてきてもらおう。

2007年7月18日(水)
お〜い

お兄ちゃんを朝から病院へ。
レイナをおいていくわけにも行かないので 他の患者さんがいない時間を見計らっていった。
(水疱瘡をうつしたらいけないので)

お兄ちゃんは とくに流行っている夏風邪でもなく 症状止めのお薬をもらって帰りました。
先生に 相談しました。
明日の 大学病院の外来について。
『受付で 水疱瘡やっていって 部屋用意してもらうしかないねえ』と。
水疱瘡になったのはいいけど こういう病院にいかないといけないときに困る。
特に 大学病院は 病院なのに 病気によっては行ってはいけないし。

夕方にはお兄ちゃんもすこし元気になり、昨日 みんなで食べようと思っていた おいしいシュークリームを 食べたい!!と 朝からずっといっていて、おなかの調子が悪いわけではないし 熱もさがってきたので 黙らすために 食べさせたら 賢いこと・・・
うちのコは 食べ物でしか 気持ちをコントロールできないのか???
(それは 私に似たのでしょう・・・間違いなく

2007年7月17日(火)
また ひとり・・・

水疱瘡二日目のレイナさん。

あんまりまだ ブツブツはでていないけれど、レイナは頭にたくさんできている。

お兄ちゃんは 保育園から帰ってきて Rくんと遊んでいたら 頭がいたいといいだし、夕方から熱。
はあ・・・

レイナは相変わらず 食欲もあって元気。
お兄ちゃんは 熱のため 食欲なし。



そして 私も すこし・・・

昨日、レイナのお友達(といっても 随分お姉ちゃんで 本人たちはあまりあったことがない)が お空に帰っていきました。
入院したら 大体一緒で 子供たちはお部屋からでられないから お母さんとは 子供が落ち着いて寝ているときによく 廊下でしゃべりました。
外来で 点滴も隣のベッドでしていることもありました。
病院にいけば いつも会いました。
そして お友達は何度も奇跡をおこしていました。
お医者さんもびっくりするほどの 力でした。
でも もう 会えなくなりました。
誰もが また 奇跡を起こすんじゃないかと思っていたに違いありません。
お友達からも お母さん、ご家族の方から いろんなことを 教わったと思います。
きっと お母さんは いつものお母さんなんだろうな・・・
いっぱいの気持ちがあっても なにも変わらないように しているんだろうな・・・
Sちゃんが 迷わず お空にいけるように。

日記TOP   前のページ   次のページ