reirei日記TOPへ

2004年 5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
<<前のページ | 次のページ>>
2004年5月1日(土)
輸血

貧血がひどく 昨日輸血80ccした。心臓が体にたいして 大きくなっている、動きが弱い。昨日 搬送後 いろいろ検査をするのに ベッドを動かすだけでもまた 心臓の動きがかなり悪くなったらしい。人工呼吸器をつけていても心臓も呼吸もみだれる。太ももの内側の血管からしんぞうの近くまでカテーテルをいれ、心臓を落ち着かせる薬をいれている。肺のレントゲンで 肺は白いけれど血液検査で炎症の数値ではないので、抗生剤の点滴はやめる。心配していた頭の出血は今はない。
わたしが面会中は 寝ていてピクリともしなかった。お父さんと交代すると目を開いて両足少しあげて おならを二発したらしい・・・
音楽もなく、器械の電子音が響いている。
ベットは体温を保てるようになっているベット(インファントウォーマー)
看護士さんが なにか聞かせていた音楽などあれば もってきてもいいですよといってくださった。
持って行ったもの・・・母乳100cc×3 肌着 タオル 

2004年5月2日(日)
電話

『さっきまで 起きてはったんですけどね』と。また寝ている。でも、いい。こんなに何日かの間にいろんなことがあってしんどいはず。お兄ちゃんは、ICUの中には入れない。毎日 病院に行くのに自分はあえない。ちいさい身体全部で いろいろ感じているのが伝わる。
レイナは点滴が六種類ぐらいついている。「お父さんと代わるわな」というと 寝ていたのに手足をバタバタさせている。 好きなん?嫌いなん?お父さんは すごく 短い時間でICUからでてきた。「俺がいたら つらそう・・・」 本当は お父さんが辛いんやろうな。
面会から帰宅してしばらくすると電話が。 病院からで、『今日からおっぱいを50ccを8回あげます』って。
今まで 点滴のみで絶食だったから、わたしもうれしい。搾乳はがんばっているけど、直母じゃないから 出が悪くなってきて、おっぱいも痛い。でも 一滴でも多くレイナに飲ませてやりたい!!
持って行ったもの・・・母乳80t×2 70×2 

2004年5月3日(月)
つめきり

ちょうど面会にいくと、鼻からいれたチューブからおっぱいの時間。50ccを8回だと 三時間おきかな。今日はわたしの顔を少し見てくれた。喉がゴロゴロいったかと思うと咳をした。でも、声のない 苦しそうな・・・呼吸器がついているから 泣いても咳をしても 声はない。
手のつめが伸びていたので切ってあげる。右手は切れたけど 左手は点滴で、包帯などがついているから切れなかった。昨日 もって行ったCDがかかっていて、ガラガラもベッドのそばにおいてあった。うれしい。
持って行ったもの・・・母乳50cc×5 100cc×1 40cc×1

2004年5月4日(火)
ベタベタ カサカサ ブツブツ

ベットが 体温を保てるように 暖かいベッドだからか 顔も胸も 皮脂腺や汗腺の多いところは ブツブツ べたべた。
唇は挿管してあるから カサカサ・・・ つるつるの肌のレイナやったのに。シーツの上にひいてあったバスタオルが 家からもっていったタオルになっていた。私たちを感じてくれるかな?ゴールデンウィーク真っ最中なので、検査はない。 逆によかった。 検査、検査で疲れさせたくない。少しでも状態が落ち着いてからでいい。もちろん、急がないといけない検査などは ちゃんと先生がしてくれた。
CT・脳波・レントゲン・・・いっぱい。
持って行ったもの・・・母乳50cc×6 70t×1 お守り CD

2004年5月5日(水)
今日から70cc

おっぱいが今日から70ccに。
心臓も良くなってきて、三種類の薬を入れていたのが二種類になった。残りの二種類も少しずつ量を減らしていって様子をみる。おしっこは 管を通して 尿量を量っている。
てんかんの疑いがあるみたい。あと、血管腫が内臓にもないか、CT、MRIもする予定。ただ、造影剤を使わないといけないから 今すぐにはできない。
夜中から朝方までよく動いたり、起きているらしい。安静にしないといけないので なかなか寝ないで動いたりする時は 眠るお薬で寝ている。
看護士さんが 「レイナちゃんは黒目がおおきいね。」って。
顔が少し痩せたようにおもう。 仕方ないか・・・何日か絶食で、点滴だけだったし。でも、足はかなり太いまま。たくましい足。少し 安心。
持って行ったもの・・・母乳70cc×7

2004年5月6日(木)
保健所

午前中、搬送される前にいた病院の入院費の支払いにいって、その時の主治医にあう。先生は 肺か心臓に何らかの病気の疑いがあるだろうといっていた。てんかんの疑い(目がふっとひっぱられるようなかんじ)があるというと、先生や看護士さんは、入院中にそれはかんじなかったと。
その後、保健所にいく。病気のこと、医療費などのこと、おっぱいのことなどいろいろ聞く。母乳免疫は 二ヶ月飲ませていれば十分よ、と。産後一ヶ月をすぎると やみくもに張らなくなるけど、吸われたら大丈夫って。でも、いつ直母できるか・・・
面会にいくと ちょうど脳波の検査が終わったところだった。今日は朝から、頭を洗ってもらったらしいけど、脳波の検査で 頭にクリームをつけるから、もうベタベタだった。今日は 面会中よく 目をあけて見たり 微笑んだりしていた。
持って行ったもの・・・母乳70cc×5 80cc×2

2004年5月7日(金)
脳のCT

昨日の脳波は正常だったよう。でも、脳のCTで 脳の大きさが最初に見た大きさより小さくなっている。初めが大きくて今が正常なのか、初めが正常で今 小さくなっているのか 今回のCTだけではわからないから 来週にもCTをする。内蔵には血管腫はなかった。
今日から普通の大人用のベッド。体を右に向けて寝ている。ずっと仰向けだったから、痰が背中のほうに溜まっているから。
手をバタバタさせて、チューブや呼吸器、点滴を抜去してしまうおそれがあるため、手をかくされる。
やっぱり、夜中 目をパッチリ開けて起きるらしい。昼間はCDをかけると寝るらしいけど、夜中はなにをしてもだめらしい。ねむる薬はもうやめてある。
お兄ちゃんも このぐらいの月齢は 夜中ずぅぅぅぅっと起きていました。さすが 兄妹。
持って行ったもの・・・母乳70cc×8 おしりふき

2004年5月8日(土)
癒し

レイナはICUの癒しらしい。大人ばっかりのICU。しかもこんなちっちゃい赤ちゃんがICUに入院するなんてほとんどない。看護士さんはみんな、出勤後 一番にレイナに声をかけてくれているそうです。
今日は おめめぱっちり。おならをブリぶりしてうんちをした。久しぶりにオムツをかえてみる。おしっこは管がはいっているし、太ももは点滴がついているしビクビクしながら。お父さんは今日からお仕事。きのうまではゴールデンウィークのお休みだったけど。なので、お兄ちゃんはお父さんの方のばあばにあずけて面会にいく。
面会中おなかがすいてきたらしく涙をながして泣く。でも 声は相変わらずない。泣くと痰が出てくるので吸引してもらう。そして、鼻のチューブからおっぱいを注入してもらう。「おっぱいの時間やで」と声をかけると チュパチュパ口を動かして 呼吸器の管を吸っている。チューブが胃まで入っているから、30ccくらい注入してもらってやっとおなかが少しみたされて泣き止む。
お父さんは、昨日やっとICUの中の様子を見れたらしい。今まで、レイナの顔を見るのが精一杯で器械や点滴などもやっと 見れたようです。先生から聞いたことを話しても筒抜けなのがわかるし、頭がグルグルしているのがはっきりわかる。どこのお父さんもそうらしい・・・
もって行ったもの・・・母乳70cc×8 綿棒

日記TOP   前のページ   次のページ