reirei日記TOPへ

2006年 1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
01
あけましておめでとう
02
男の人 きらい?
03
初詣
04
「あかん!」
05
グズグズな日
06
ゴロゴロ
07
かすれてる
08
寝すぎよ・・・お嬢さん
09
走る!走る!
10
ぽっぽっぽ〜
11
のぞく
12
大学 こども外来
13
シナジス3回目
14
むくみ?
15
芋・いも・イモ
16
マスクしてください!!
17
療育センター
18
ありがとうがいっぱい
19
やっぱり熱です
20
おまえもか〜
21
中途半端に元気
22
ケツメイシ
23
やっぱり日本人初??
24
絵本
25
療育手帳
26
いい感じ
27
インフルエンザ2
28
29
30
31
       
<<前のページ | 次のページ>>
2006年1月22日(日)
ケツメイシ

もう お兄ちゃんもレイナも元気。
レイナは 朝の吸引で、まだ粘っこい鼻やけど・・・
日中は元気に過ごして、お兄ちゃんとママゴトを一緒にした。(と いっても おもちゃのおにぎりを食べる真似ばかりしていた)
今、というかず〜っと ケツメイシのアルバムを 車の中でかけているので ケツメイシの曲がかかると ノリノリ
今日は 部屋のなかでもかけたら おしりプリプリして 曲にあわせて踊っていました。

2006年1月23日(月)
やっぱり 日本人初??

鼻水 相変わらず。
昼寝もたっぷり、11時半から2時半までと 6時半から7時半までする。
昼寝の間に、難病支援センターに 電話してみた。やはり、初めて聞く病名だといわれたし、全国のこどもの難病ネットワークにも電話してみたけど、同じ病名の人はいないようだった。

お兄ちゃんは今日から保育園に復活。
今日は 保育園から 劇を見に連れて行ってもらえる日なので、お兄ちゃんも絶対いきたかったようです。
風邪が治ってよかった。
劇は「ピノキオ」でした。 ディズニーのピノキオは 鯨にゼペットじいさんが飲み込まれるって話だけど、鮫だったそうです。
鮫より やっぱり鯨のほうが いいと思う・・・

2006年1月24日(火)
絵本

鼻水が すこし水っぽくなってきたからいいけど・・・今度は鼻の下が 鼻水をふいたりするので かぶれてきた。
今日は 今まで絵本を一緒に見ていても ページをめくるのが楽しくて 話なんて聞いていなかったけど、トイレトレーニングの絵本は じっと聞いていた。
多分 絵が大きくて 色のコントラストもはっきりしているし 少し仕掛け絵本みたいなものだからかな・・・
絵本ひとつにしても レイナの目にはっきり映るもの うつらないものが 少しずつ反応で解るようになってきた。
反応するってことが 今まで少なかったから うれしい。

2006年1月25日(水)
療育手帳

療育センターからTEL。療育手帳が発行されることになった。手元に届くまで 2週間ほどかかるとのこと。
いつも 思うことが・・・ 小慢(小児慢性特定疾患)は 保健所、療育手帳や身体障害者手帳は 児童相談所などを通して 福祉事務所。
わかるよ。役目が違うのは。でも 正直 あまり知られていない病気だけに 行くところ いく所 1から10まで話しても 返ってくる返事は『はぁ・・・』とか「へぇ〜」とか。
わからないのは解るよ。マニュアルにかいていないことに関しては 解りませんだとか、ここは市のことですから そういうのは府に聞いてください、とか。
人間 顔がみんな違うように 病気だって 同じ病名でも症状や進行が違うのは理解していて、進行具合はどうでもよい、知ってる病気と知らない病気、症状が同じでも 知らない病名なら対象外。
日本の福祉はそういうものに感じてならない。

2006年1月26日(木)
いい感じ

鼻水 減ってきた。吸引しても あまりとれない。
胸の音はまあ 少しゴロゴロいっているけど、いい感じ
今日は お兄ちゃんの保育園のお迎えにいくのも慣れて、保育園のなかを 歩き回る。

2006年1月27日(金)
インフルエンザ2回目


今頃 やっとインフルエンザの予防接種2回目。
お兄ちゃんもレイナも一緒に。
家を出る前、私のトイレについてきたレイナは 便器の中を覗いてトイレにおしゃぶりをポチャン!
なんてこと〜 と思ったが チャンス! 『もう バッチィから おしゃぶりナイナイやで〜 もう ポイしような』
もちろん お昼寝まえは 大泣き。でも 病院いったりバタバタしていて レイナも忘れていたのか 何とか起きている間は過ごせたものの、夜 寝る前はさすがに『マンマ〜 マンマ〜 マンマ!』と泣く 叫ぶ わめく。
でも 賢く 寝てくれました。(泣き疲れたともいう・・・)
昨日撮った おしゃぶり姿の写真で 見納めです。

2006年1月28日(土)
お友達のお家

今日は朝から お兄ちゃんの保育園で一番のお友達のKくんのお家に遊びに行きました。
Kクンには Iちゃんという妹がいて レイナもIちゃんと二人であそんでいるというか、おたがい近くで 相手を確認しながら 個々に遊んでいました。
Kクンのお家で レイナがお昼寝しようとしたとき おしゃぶりが無いことに 気づいたみたいで 泣いていたけどなんやかんやで ごまかした。
もう おしゃぶりなくても大丈夫でしょう!
Kクンは お兄ちゃんが保育園に一時保育でお世話になったときから ずっと一番の仲良しさん。
Kクンがいるから お兄ちゃんは急に保育園に行くようになっても がんばっていっていました。
そして、Kくんのママは いつもおおらかで とっても細かいことまで気がつくやさしいママです。
ずっと 仲良くしてね。

お兄ちゃんが小さい時、夜 子守唄は『りんごのひとりごと』でした。
お兄ちゃんは 寝つきが悪く、2時間ぐらい抱っこで子守唄を歌ってないと寝ないし 布団に寝かすと大泣きでした。
レイナの子守唄は『ゆりかご』。(題名あってるかな・・・)
今日は 一緒にねんねこねんねこ ねんねこよ〜 のところを、『ね〜 こ〜 こ〜』と歌った。
少しずつ 言葉が増えてきた。

日記TOP   前のページ   次のページ